プロセス


11/3 天気がよろしい予報。

Rさんよりお誘いがあるも麿は車の所有権がない日だ。

よって、チャリ鍛錬のつもりであった。

が、R運送による送迎が可とのことになりまして

出れるときに浮く。

このスタンスで、Rさんのお誘いに乗ってお世話になることに。


朝一でお迎えにきて頂き、いざ現地へ。

ボートを膨らませる途中でトラブルがあるも無事出艇。


さぁ、ヒラス狙うべ。

Rさんはポッパー、麿はペンシル。

これまで数度ヒラスとのコンタクトがでているポイントで投げ込む。


なんの前触れもなく、ロッドが引っ手繰られる。

ビックリアワセでそのままリールを巻く。

確かな重量感と潜る走り。そして激しい首振り振り。

ヒラスじゃ~

キツく閉めたドラグこそ鳴らないが良い手応えぢゃ

あっはっはっは、やっと麿ンとこにきおったか




すぽんッ



あ?

あぁ?

・・・・・抜けおったぁ orz

パニクってキッチリとアワセが入っておらなんだか。


やってもた・・・他のヒラスまで散らしてしもたかも。



杞憂。



Rさんのポッパーにバチコン!と ド派手にでたっ!!

絶対!獲る!!

あぁ、Rさん。なんと頼りがいのあるナイスガイ。

パワーファイトで、見事に御用。

171103.jpg

よきかな。

羨ましきかな。

妬ましきかな。

麿がバラしたヤツもこんくらいだったろうになぁ orz




ここでヒラスは打ち止め。

トップからジグへと移行するもいいとこなし。

魚っ気がないのでイシモチなど小魚をゲットし泳がせた。

小魚が大きな魚へ入れ代わる素晴らしきかな、わらしべ大作戦。




大人しかったイシモチが急に怯え逃げ惑う。

ほどなくロッドが引き込まれアワセを叩き込む。





エソ祭り。





ヒラメの夢を見てたのにね。。。





撤収。

土産坊主の麿めはヒラスのお裾分けをいただきました。

ボウズではありましたが、過程が大変楽しい釣行でございました♪



ヒラスは脂のってまして大変美味でございました。








・・・・・ペンシルのフックは交換しておこう。




スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

不発


10/8 (日曜日)

朝一ヒラス狙ってからのヒラメ狙いで Rさんと釣行。

日の出を拝みつつヒラスポイントへ向かう。

Rさんのポッパーへデカいのがでたものの残念ながらノらず。

マロのペンシルへは反応なし。ガン無視されたぜちくしょう。





ボトム狙いへ変更。

マロにコマいキジハタと最近お馴染みのホウボウ。

いや、最近ホントよく釣れてるなホウボウ。

釣り場違っても釣れるのだから単純に増えたのかな?

美味しいお土産なので良しとしておこう。



Rさんは本命ヒラメ。身の入りが大変よろしい。旨いヤツだ。

そして良型ホウボウまで追加。

更には禁断のテクニックが発動しイトヨリとサバまでも追加。




171008.jpg




う~ん、なかなか釣りきれませぬなぁ


[edit]

PAGE TOP

ホウボウ

7/16 日曜日・・・まぁたひと月前のお話です。


Rさんが釣りに行くとのことで便乗釣行。

新しい攻めのカタチを見出したRさんと早速、実釣すべく沖へ。

ところが、思惑むなしく・・・

前回、相当わいていたサバゴの姿が見当たらない・・・何処いった?

まいった。困った。

今日はベイトがおらんと非常に都合が悪いのだ。

まぁ、ひと月も経てば状況変化は仕方あるまいて。


こないだ捕獲したホウボウが美味しかったんで狙う。
譲ってもらった、Rさんお手製の仕掛けを仕込み、
これをボトムまで落としホウボウをピンポイントで狙う。


・・・コッ ココココン


マジか。

ほんなこつヒットしてきおったばい(笑)



Rさんは、ナイスサイズなイトヨリをだした。



ばってん、ほんと魚ば捕らえきれずお昼を迎え・・・
状況好転の目も見えず撤収。。。



麿めのホウボウ
ホウボウ


Rさんのイトヨリ
170716-2.jpg



貧果ではありましたばって、美味しい晩酌となりました。

ホウボウ美味ぇ マジ美味ぇ


[edit]

PAGE TOP

青赤2色(食)

もぅかれこれひと月以上昔の話。

6/18 日曜日

Rさんと共に、イサキ狙いの釣行計画。
今年2回目、2ヶ月振りの釣りだー

土曜の休日出勤を終え、無事に晩酌も済ませて道具の準備。
サビサビフックの交換開始。
スピニングとベイト、両タックルのリーダーも組みなおし深夜就寝。



約束の時間ギリギリになんとか待ち合わせ場所へ到着。

Rさんと合流するなりイキナリの What's New

話しをよくよく聞いて…
釣り場を移動かますことにした。



  走行中=3    走行中=3 



新目的地に到着すると先行艇が準備中。

おぉ、やっぱ釣れよるとやろうか。
準備を済ませていざ、進水。


まずは近場の瀬周りを攻めにいく。
周囲は沈み瀬が多くありベイトもいて、期待大!

早速、ジグを落とす。


ん?

あれれ??


・・・・・渋いっ


なんの反応もないではないか。
いや、魚はきっと居るはずだから食わせきれんだけだ。
既に消沈していた麿の耳に バコンッ!とデカい捕食音が。
それから、トップで攻めていたRさんにでるも・・・ノラず。
魚が大きそうな感じだっただけに悔やまれる。

ほんでまたまた泣かず飛ばずの時間へ。

大量ベイトに後ろ髪を惹かれつつも
ここで意を決し、この場所を離れることに。


暫く走ると海面ザワザワ…ベイトの塊を発見。
早速、ジグを繰り返し落とし込んでいるとボトムでヒット!

クンクンと小気味よい首振り。
なんじゃろかい?と覗き込んでみると・・・やっとキタ!
Rさんには常連ながら、何気に麿には初フィッシュとなるホウボウさん。
いやぁ、ずいぶんと待ったのことよ。

で、ホウボウ連発。
おいしいお土産確保完了! ぶっちゃけ満足。




そうこうしているとナブラ発生。ただ、微妙に遠い。
バシャン、ドカンと派手捕食。絶対デカい。

んが、射程までよると沈む・・・いつものパターン。

近辺に潜んでいるのは間違いない。
テンションあげてジギング継続。

そんなとき、シャクリあげるジグにプルプル反応。
水揚げされた魚は本日のメインベイトのサバゴさん。
魚探が海面から改定まで真っ赤っ赤。


ボトムから、5~6シャクリめほどで待望のドンッ!

・・・トルクフル。

最初の一匹。
大事に大事に時間をかけて無事に捕獲。


170618-1_201707241816565a4.jpg



やっほぃ、今日の本命捕獲せり♪
裏本命はイサキだが(笑)

なんにしてもこの1尾で疲れ果てた虚弱な麿めはここで鯛ラバへ移行する。

ほどなくRさんのジグにヒット!
それなんね?と聞くが早いか麿めにもヒット!ひゃっほぃ♪

Rさんが、50cm弱くらいのオイシーサイズの真鯛を捕獲!
やたっ♪麿のも真鯛だコレ。
引きが強かしちょっと大物っぽいのキタコレ

グイーーーーーン

グイーーーーーン

グイーーーーーン

真鯛じゃなかよね?この引きってば。
空回りするベイトリールを一生懸命まわしてなんとか浮かす。


170618-2_20170724181728058.jpg



真鯛のほうがうれしかったのに。。。




とはいえ、こっから我慢の時間が続きゴムボを大きく走らせて場変え。

ボトムは岩がゴロゴロ。

Rさんがキジハタ、麿めにはナイスサイズのアカハタが。


んで、再び反応ナッシング。。。









納竿としました。



最終的にこんな感じに落ち着きました。
本命(イサキ)とれんのはいつものことだ(笑)


170618-3_20170724181800f7e.jpg





食卓が、随分と久しぶりに 鰤三昧 となりました。


[edit]

PAGE TOP

4年振りか…

随分とまぁ久方ぶりに更新です。
公私共に激動の数年でございまして。

釣りのほうはボチボチとやってはおりました。
年に数回でしたが。。。

その釣果はまぁ変わらずです。
ハタやらスズキやらで楽しんでおりました。

SUZUKI.jpg


TAIHIRAMEKIJI.jpg



んで一昨年、マグレ当たりで出会ったヒラメがありまして。

HIRAME.jpg


4月だったこともあってか、ちょいと痩せててサイズの割りに軽量級。
そこは非常に残念ではあったですが、うれしい獲物には違いない。
なので昨年は、ちょっとこだわって狙ってみたり。
なんとか姿が見れるようになってきたような気がしないでもないような・・・
ちょこっとヒラメとの遭遇率は上がってます。
うん。絶賛上昇中のハズ(笑)


釣行数は激減してましたが、楽しく釣りをしております。

夏魚の前に、今はイサキが釣りたいぞ!

[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム