サマー ヒラス

金曜日の仕事中も頭の中は釣りのこと。
さて、今週末は何ば狙うか。

手堅くチビネリゴ?
はたまた涼しく夜スズキ?
それとも太刀魚の様子見でも行ってみっか?

そこへ入電。
オフショアジギング決定(笑)





土曜日は常識と化した休日出勤。
なかなか釣行予定も好き勝手に立てることもできませぬ(T_T)

ジギングの準備をアレコレと慌しくこなす。
そして寝る前に、イザってときは起こしてくれと嫁御に告げる。
わいが釣りで起きれんことのあるんか?おぉ!?
的なことをやんわりと言われる。
やけん保険やっちゅーとろーが!
と聞こえないように言い返す(笑)



翌朝 am4:45
目覚まし要らずで起床。

お誘いくださった、アー坊さんとこへゴーゴー

am6:00頃
船主さんとアー坊さん、そして麿の三人を乗せて出航。




さぁ、近海ジギング開始じゃ~
今日こそは青モンの姿ば拝んじゃるばい!
でもバッグにはコッソリと鯛ラバが入っている(爆)
落としてゆっくり巻き上げるだけで誰にでも簡単に鯛が釣れるって話し。
最終手段として忍び込ませた(笑)

しかし狙いはあくまで青モンです!

そうは言っても所詮は近海。
想定サイズは2~3キロといった程度のところだろう。
よって数釣りできることを期待。
そういった意味合いからジグはショート系をチョイス。



ポイント到着後、取敢えずシャクる。

反応はない。

暫くしてボトムで何やらヒットした。
いっちょん引かん(-_-;)
こりゃアラカブばい。とそのままゴリゴリ巻き揚げる。
予想大当たりのアラカブ堤防サイズ。
目ン玉トビダシーノで安らかにクーラー逝き。

直後に、アー坊さんが小ぶりながらにキレーな真鯛。

その後はまた暫く反応はない。
と、そこへ30センチあるなしのネリゴご一行様の来襲。
最初は面白がって遊んでいたが・・・ヒットせんのでおもんない(^^;
そうこういしていると更にせからしいペンペン(40センチ前後)が寄ってきおった。
ジグの周りにまとわりつくわガンガン喰ってくるわでキリがない(-_-;)

うっとぉしぃわぁーーー



ペンペンとエソを釣っては返すの繰り返し。



そして遂にアー坊さんに青物がヒット!
すぐ左横におる麿にヒットせんはずがあるもんかっ!
群れでおるなら喰いつけぇ~

ゴンッ!!

うっしゃキタぁー
ダブルヒットぉ~

ロッドティップを叩くんでネリゴと思いゴリ巻いていると急に一気に走りだす。
「こいはヒラスばい。」
アー坊さんの言葉に、マジかー!
遂に初ヒラスのときがきたかー。と気分アゲアゲ。

グイグイと走る相手にロッドで溜めて耐えていると…ぽすん。

バぁレぇタぁ~~~(ToT)
あえなく口切れ。

ここで船主さんにもヒット!
強い引きで電動リールが回らない(^▽^;

ほどなくアー坊さんが取り込んだのは 2.5キロのヒラス。
走り方とかソックリやったし恐らくは麿のも同型やったはずなのに orz

船主さんが揚げた魚はヒラスではなく真鯛の5キロオーバー
黒光りする男前な個体である(笑)

今が地合いかとジグの投入を繰り返すがアタリすらない。
もー釣れる気がせんぜ。。。

予感大当たり?
魚の反応が一切合切なくなった。

居るのはペンペンの群ればかりだ。

気分が悪い。。。
いや、本当に気分が悪くなってきた。
これは間違いなく船酔いっつー厄介な代モンだ。

丁度、お昼どき。
寝る。・・・不貞寝とも云ふ(笑)


正午。
メシの終わったアー坊さんが魚探の反応を感知した。
すぐさま釣り始め、一投目でヒットさせたではないか。
寝ておるときではない。
具合悪いがフラフラと船べりへ向かってジグを落とす。
アー坊さんが揚げたのはなんと・・・イサキ(約1キロ)
船主さんも同様サイズのイサキ。
麿もイサキば食べたか!
ボトムから3シャクリめ。

ゴンっ!!

オホホホ(^◇^)
麿にもきましたわよ♪

ゴゴゴゴッゴゴンッ!!!!!

はっ、はい?
ちょっとまてぇ~
これ、イサキじゃなかぞぉ~(-_-;)

ぬ・・・・・主じゃ!
近海の主がキターーーー

一体、どんくらいの時間をかかったのやら?
やっとこさ浮いてきたようだ。
船の底から、ぬ~~~んとでてき・・・ってデカっ!?

アー坊さんにネットインしてもらって捕獲完了。

夏ヒラス
※撮影はおうちでしたの。曲がっててコレなのよ(^^)ウフフ

ヒラマサ 90cmオーバー 7.5キロ


はっはっは・・・腰が抜けそうだぜベイベ♪
いや、寧ろ・・・魂が抜けそうだ(笑)


もーねー、今日は帰ってもよかかな(爆)
でもま、予定時間までまだあるし、もうひと頑張り。

で、頑張ったものの追加できたのはオオモンハタ40cmオーバーのみ。
ペンペンやらエソは釣れてます。海に戻してます。


結局、他にイイトコはあらず。
しかしオフショアチャレンジ 4回目にしてやっと悲願達成できましたばい(^^)
最終釣果
今日のおミヤはこんだけですが、個人的には超満足(笑)


ちなみに全釣果はざっとこんな感じでございました。
三人分釣果
わかりにっかやね(^^;



とにかくだ。
近海としては大満足のサイズで鼻たーかだかぁ(笑)
それがマグレという代モンでも釣ったモンの言うた者勝ち(爆)

もー、2キロや3キロでは満足できない高貴なカラダになっちまったぜー(大嘘)
来週になれば釣れーん!て叫びよるとですけどね(^▽^;アラマー

そのうちショアからもヨカサイズば釣ってみたかですなー
もちろん沖磯は除いてますわよ♪
あれはショアじゃないわぁ…沖だもん。
揺れないオフショア(笑)ってそれはイイカモ(爆)



しかしやっぱ、夏ヒラスは旨いっすわぁ♪(嬉)



★タックル★
ロッド ; パシフィックファントムBG 56S-4/5
リール ; セルテート 3500HDカスタム → ブラディア 3500 改
ライン ; JIGGING MASTER AJ 30lb(2.5号)
リーダー ; Aile SW SHOCK LEADER 60LB FLUORO
ルアー ; メタルフリッカー、MMジグ


スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

ハミダシサイズ

どうやら…クーラーの24Lサイズでは足りないようだ♪


こんなんでましたけど♪

はみだしサイズ♪





ついに待望のはみだしサイズをゲットしたぜ~













中身はこれだー









ヒラス様~




オフショアだけどね(^^;




釣りと解体に疲れたんで今日は寝ます。

Good Night いいユメ見るよ(笑)

[edit]

PAGE TOP

しゃく

土曜日。



ハイホー♪

    ハイホー♪

           仕事が好き~♪







んなワケあるかっっ!!!



釣りに行きたい日には・・・まぁこんなモンだぁね(^^;

せめてナイトスズキに行くべく予定を立てました。






- 数時間後 -

何故か、お船で釣りに行くことになっていました(笑)

しかし土曜っちゅーとに仕事上がりは 22:00ちょい前。
慌てて象印スーパーへとお買い物。
釣りに必要な道具も買い出したかったとですけどね。
長崎の釣具屋は・・・とっくに店じまいしとる時間。
開店は遅く閉店は早かですもん。
はよー、瓶屋 Door City店のできればよかとに。





んで、朝はよーから開いている尾側へ。
おかげさんで、3時間を切る睡眠時間で出発するハメに。
寝不足・・・これが後々効いたっですよ。





- 7:00過ぎ -

お船に乗って大海原へ。







ポイント到着。


気持ちだけは 青物じゃ!
(σ ^^)σ いうよね~


で、ジグを落とす。

シャクシャクシャクシャクシャクシャクシャクシャクシャクシャク



釣れんのです。






こそっとインチクにチェンジ。

ただ引く・・・シャクる・・・ズル引く・・・



釣れんのです。






再度ジグににチェンジ。

ジグが着底。
ボトムを小突いてみよう。

コツ・・・コツ・・・ゴゴンっ!!

おりょ!?
なんぞ喰いおった。
(σ ^^)σ きたよね~


ゴリ巻き~ゴリ巻き~
簡単に上がってきよんな~~~
もしや eso じゃなかろうなー?


まろ参上(笑)

アラカブ 30cm ?kg(重量未計測)


お・・・沖まできてアラカブかぃ(-_-;)

ショアなら半狂乱で喜びまくる尺サイズ。
なんか・・・ガッカリ感があるのは何故(?_?)

おのれ小癪な。

尺ではなく、癪サイズと名付けよう。

いいもん、アラカブ好きやもん。





まぁ兎に角、初獲物。
Bo-z回避もできたことやし万事オッケー♪
って思いつつ釣りを再開しようとした矢先に右手のアー坊さんにヒット!

ボトムで喰うたっちゅーことで同じアラカブか?
esoかも?とかいいよるばってんヒラメっちゅーオチじゃなかやろね~
と会話しよったら揚げた魚は・・・
キジハタ 40センチを軽くオーバーするサイズ。

アラカブ釣り上げてから、5分も掛からずまくられた orz


そんでまたアタリもない時間が続き・・・
お昼前に酔った感覚が・・・アネロン飲んできたとに?

はっ!?寝不足のせいばいコレ。

そのままデッキ上でお昼寝(^^;


約二時間後に起きたら超有名な、みっつの瀬のとこ。
鯛なっと狙おうと復活したら・・・

大荒れやんか(T-T)

超時化・・・

折角、朝もはよから仕込んできた鯛ラバの出番なし。
空模様も怪しくなってきたんで早めの終了でした。


鯛はショアから獲りに行くか。。。

[edit]

PAGE TOP

2007年 12月2日

今年は二つのチャレンジ項目を掲げていた。

ひとつは沖磯で、これは2月にクリアした。
なかなかに満足釣行だったのでまた挑んでみたいとか思っている。

もうひとつが、ライトジギング
じつはコレには大問題があって不可能だと思っていた。
それは、船酔い……笑い事ではないのだ。
それでも船釣りデビューは小学三年生のときで、その後も何度かこなしてきた。
いっちょまえに手釣りでイトヨリを揚げていたガキやったりしてました。
ところが…五年生の頃だったか。
何故か酷く酔って以来、欠かさず船酔いする体質へと ミュータント化 (ToT)
ハタチの頃に再チャレンジしたことがあるが…
一日中、船上で寝るハメとなったのだ(^^;
しかし、超近海やから…と今年やった船太刀魚では酔う気配もなかった。
どうやらベタ凪でルアーフィッシング限定ならば何とかなりそうな手応え。
凪の日であれば乗ってみたいとゆーことでタックルはチマチマと揃えてきた。
ジギングロッドはショアロッドとのトレードで入手した。
リールはオフショア兼用で購入していたセルテ-ト3500HDでいける。
あとはジグやらグローブやらの小物を少しづつ入手してきていた。


そして金曜日に連絡があり日曜日の釣行が決まった。
遂にオフショアジギングデビューなのである。
ちゅーことで、ヤマヒコさんからお奨めしてもらっていたドラッグを入手。
酔い止め薬"アネロン"を服用して乗船することにした。





日曜日 am 6:30
待ち合わせ場所でアー坊さんと合流。
船主さんは既に港へ向かわれたらしい…すぐに船が出る港へ。

まずは船主さんにご挨拶。
そしてすぐさま出船しポイントを目指してフルスロットル!?速いぞ!爆走だ(笑)
そして流石に近海!
ほどなく到着し船を止めると、丁度目の前には真っ赤な朝日。
見事な朝日に大漁祈願をしてロッドを握る。
何故か麿には初チャレンジながらに釣れるという思いがあった。
その裏付けのない自信の根拠とは誰にでもあるというアレのこと。

SO!

ビギナーズラック!(爆)

多分だが…麿にもあるだろうと期待しているのである(^^;



今回はアー坊さんと麿のみのチャーター状態なので気兼ねは一切ナッスィング♪
ド素人である麿の怪しいシャクリを笑う者はいやしねぇ(笑)
思う存分、好きなごとシャクってやろ♪
アー坊さんからの「んじゃ、始めましょうか」の一言でジグを落とす。

ぽちゃん

ひょるひょるひょるひょる~~~

アイルメタルCSがスグに視界から消える。
それにしても着底が遠い・・・流石は沖だ(^^;


んで、着底したんで2~3回転ほどリール巻いてからシャクリ開始。

うりゃ!うりゃ!うりゃ!うりゃ!うりゃ!うりゃ!うりゃ!うりゃ!

・・・・・思うよーにシャクれてない(-_-;)ギコチナイ
シャクリとリーリングのタイミングがバラバラ…
えぇ~い!要は慣れだ慣れ!
回数こなして慣れるしかなかばい!
ボトムまで落としてシャクり上げを繰り返す。

5~6フォールほどやって早くも腕に軽い疲労感を感じる(^^;
兎に角、ピッチを変えたり何か変化をつけつつシャクってみることに。
ボトムをきってシャクシャクとシャクり、ショートなワンピッチに変えたところで・・・

ゴツっっ

ぬ?動かんぞ・・・・・根掛り?って底はきっとるハズばい!?
ちゅうかコレ、ヒットやろぅ???

ギュイィィ!

一気にロッドが引き込まれる。
不意に持ってかれたんでロッド耐え、走りが弱まる頃合に追いアワセを叩き込んだ。

グッ ググ グゥ~~~

うほ~う!引く~ぅ!走るぅ~!タマラ~ン♪
これは・・・何としても捕りたい!
ジギングには馴染が薄いとの船主さんもテンション高め。
早々に玉網持ってスタンバイ…プレッシャーだわぁ(^^;
こりゃ絶対揚げんばいかん(笑)
ちょいと固めにしてあるドラグこそ出してはくれないがよく引く。
元気に走られて麿はいっぱいいっぱいだ。
麿にとっては最大級となる魚であることはもはや疑いようもない。
引き腰・弱腰・ビビリ腰でやりとりし、アー坊さんのフォローを受けつつファイト。

魚の引きに耐えて、リフトして巻き寄せる。
時折みせる鋭い走りに慄きながらも一連の動作を繰り返す。
タックルの強度は十分のようで手応えに不安感はない。

そしてやっとリーダーが海上に出た。
よっしゃ!もうスグそこまできとるばい!
うらぁっ!とロッドを煽ると船体の下から"ぬうぅ~"っと姿を見せる。

あの魚体の輝き・・・走り方から確信はしていたが青物であることが確定した。
あとは・・・どっちね?

隣でアー坊さんが『ヒラス』と言ってくれとる。
麿もそうあって欲しいところだ…が、取り込むまではどっちでんヨカばい(笑)

で、海面で麿の腕捌きが悪くもたついたが無事にネットイン!
やった!青物げっちゅでボウズ逃れ確定ばい♪

さて・・・・・落ち着いたとこで、どっちかね?(笑)
体は丸っこくて腹と胸鰭が同じくらいか。
アラララ・・・と、口元を確認して・・・やっぱブリやったか。
おっと!サイズで言えばヤズ級ですばってん何か?何か?(^▽^;
ヨカがな!正式和名ではブリやろう?(笑)

もっとも、小ブリなブリであることは自覚している(^^;

確実に60センチ台はあるごたっし、まずは満足。
オフショア初獲物なんで、アー坊さんにブツもち写真を撮っていただく(笑)

20071202-1.jpg

ヤズ 72cm 3.0kg


魚はそのままイケマで活かして釣り再開。
しかしながら群れてはいないのか、腕が足りんのか連荘はなし。
気付くと船が結構流れてたんで、二流し目に入る。
さっきのヒットはここら辺やったかなぁ?といった場所で ゴツゴッ!
おぉ!来たぁ~
魂のアワセを叩き込む!
だが一向にロッドを引き込まない?走りださない?
青物じゃなかごたっですばい!と告げると、アー坊さんからエソだと言われる。
しかし…麿には妙な確信があった。
そう、ヤツだ。
んで、時折ゴツゴツと引く相手をゆっくりと巻き上げてくると…
はい、でました。
オオモンハタでございます(^^;
沖まできたんやからキジハタ釣れてほしかとですばってん。。。
ざっと40センチくらい。
水圧に負けて弱ってたんでクーラーへ。

で、このアトにナブラが!
色めきだってはみたものの…残念無念。
キャスティングタックルも積み込むべきやったか?(^^;
暫く狙ってみたが反応がないんで移動してポイントを変える。

そしてそこでアー坊さんにヒット!
どうやら青物ではないとのことだ。
上がってきたのは50センチ前後くらいの ヒラメ で綺麗な天然魚体。
うぉう!寒ビラメとはうらやましい。
実は麿もさっきから密かにボトムば小突いたりしよったとに(笑)
それからもボトムを小突いてヒラメやハタ系を探り、当たりがなければそのままシャクって青物を狙うとの欲張り攻勢。

しかし、欲張りアングラーに冬の海は冷たかった。。。

アタリが出ないので今度は沖の瀬の近くへ移動。
既に陽は結構高くなってきている。
しかし回遊してくる個体のおるかもしれんと気合注入。

アタリはない。

気合が空回りし過ぎたか…ライントラブル(-_-;)
前日にアー坊さんから組んでもらっていたPRノットを失うハメに…
取敢えず毎度のノーネームノットを正規手順で組む。
…普段はお手抜きノーネームだからだ(笑)
んで、ラインシステムを組んでいるとアー坊さんにまたもヒット!
麿は気になりつつも手が離せないので、青物?青物?とだけ叫ぶ(^^;
すると当の本人は不思議そうに魚を寄せている…違和感があるようだ。
ラインを組み終わって立ち上がったとき、船主さんが『マダイばい!』と叫ぶ。
ひょっこりと覗き込むと…ビューティホ~な見目麗しきマダイ

スレ掛かりだったんで引きに違和感があったようだ(^^;
当人は納得しとらんようでしたが、十分よかっじゃなかですか?
麿やったら捕ったモン勝ちじゃ!って勝ち誇っですばい(爆)

んで、メシ休憩。
船主さんからイケマの魚をお刺身にして振舞ってもらい豪勢なお昼♪

その後、頑張ってシャクるもアタらず場所移動。

漁礁を発見して気合い入るも…ウデ追い付かず orz
体力も消耗したし天候も若干怪しくなってきた。
頃合的にも予定時間だったんでここで納竿。

20071202-2.jpg


酔い止め薬"アネロン"が効いた。
最大懸念事項であった船酔いがかなり軽い症状で済んだ。
こうなると…オフショアの魚のサイズの魅力に取り付かれそうだ(笑)
また今度、再チャレンジしたいと思って終われたのは大きかったなぁ。
ヒラスを獲るその日まで…

[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム