スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

2008年 7月12日

今日のド本命は真鯛なのだ。
それと回遊待ちでのヤズやらヒラゴやらの青物狩りがしたい。
都合の良い夢だけを抱えている期待感いっぱいの至福の時だ(笑)

準備は昨晩のうちに済ませてある。

さぁ!ヒア ウィ ゴーーー


おぉっと、まずはコンビニでメシと飲料を仕込まねば。
特に飲料は熱中症対策としても重要ですな!
なので、多めに用意することを推奨します…足りんかったら地獄よ。




am 6:00過ぎに到着。
クーラー必須のこの時期である。
何より魚を釣る気は満々なので 24Lクーラーを準備した。
メシと飲料の保管が主な業務であろうことは言わずと知れた…いやいや(^^;
徒歩ルートがあるんで重いクーラーを抱えて歩くと行き倒れになること請け合い。
その為に、ゴロゴロカートをしっかりと購入済みである。
ふふふ、抜かりなどはないのさ(笑)

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ。。。。。。。

ぶっちゃけ楽チンだ♪
買ってヨカッタと心底思った…のだが、磯へ着くと転がせんのよね(-_-;)
抱えるしかない…余計な荷物が増えたような。。。
それでも総合的に判断した結果、必要。
帰りには、きっと魚が沢山入っているハズだもの。
今は魚のかわりにユメが沢山入っている(笑)


で、磯へと到着したワケですよ。
思ったよりも風が吹いてくれて海面は若干だが慌しい。
こらぁヨカ感じ♪
早速キャストしようとしたが、仕込みが悪く現場でもたつくハメとなった(-_-;)
全ての事柄が滞りなく終了し期待の第一投目は am 6:45

ちょっと出遅れてしまったが期待の初投。
ほぼ狙い通りのポイントへ着水したミノーを思い通りのラインを泳がせる。
さぁ、こい!
イキナリの一投目から Hey! come on!
そこでグググ!って喰ってくるやろう?焦らさんといてくれHONEY♪

尋常ではない集中力を発揮していたが故か?
如何とも表現しがたい違和感を感じた…まさにその瞬間!

グググ!

おぅっらぁ!と大きくアワセを入れる。

ゴゴンゴン!


ぃよぉっしゃぁーーーー!
残りのフックも引っ掛けてやろうぜ的に追いアワセを数発ばっかし入れた。
ロッドがブチ曲がる!
確かな裏付けなど何もないがひとつの確信めいたものがあった。

真鯛やろう?

そんな思いでやりとりしているうちにスズキではないことを確信する。
もちろん青物の引きでもない。
あとは…チヌといった線があるがヤツのような首ふりは感じられん。
チヌよりも、もっとこぅ重厚で力強い。
更に、ボトムに向かう泳ぎのストロークも長いように感じる。
魚の突っ込みをドラグは鳴かせずにロッドで耐えつついなし続ける。

外れんなよ?外れんなよ?外れんなよぉ・・・

ゴンゴンと抵抗する相手をそこそこ冷静に応戦していた。
ロッドティップは海面に突き刺さんばかりに弧を描いているがそれすら余裕を持ってみていた。
恐らく、チヌやらで得た少ないなりの経験値が活かされている証拠だ(笑)


まだか?

まだ浮いてはこんのか?
テンションを外さぬようリールを巻きながらラインの先にいる魚影を探す。










・・・・・ゆらぁ






海中に、薄白い魚体が浮かびあがってきた。


どっちだ?
赤か黒か…赤よね?赤よね?赤かとよね?



ヒラをうった魚の尾びれが一瞬だけ海面付近に現れた。
あの美しい尾ひれの色と形・・・


真鯛じゃ~~~


バラすわけには参りませぬぞ!と、ゴリ巻きで一気に浮かせる。

早いとこ取り込みたい。
そんな風に考えたのだと思いますばって、まだ元気の残る相手に玉網を持ち出した。
右手にロッド、左手に玉網。
当然、まだ大人しく入ってはくれません(^^;
一度、玉網を置いて少しばっか弱らせてから再チャレンジ。
少々暴れられたがうまいこと入った。

20080712-1.jpg
20080712-2.jpg

マダイ 53cm 2.3kg

うはははは♪
ルアー真鯛ば初ゲット達成じゃ!

ひとしきり喜びを噛みしめて気持ちが落ち着いたとこでキャスト再開。
目ぼしいポイントを叩いても無反応・・・
広大な海に向かって無策にミノーを投げたおすこと数投。

アタリすらなし。

ミノーを交換してひととおり同じように探るも無反応・・・
バイブで飛距離を稼ぎ、レンジをアレコレ探ってみるも無反応・・・
海を見つめるもナブラはおろかライズもみえん。
回遊を待つしかないか。
なぁに、今日は昼までやれるのだ。
っちゅーハズやった今日の釣行もフタば開ければ am 9:00 納竿なのだ。
ぶっちゃけ焦りまくっておるとです。
そいでも、1~2回は回ってくるやろうさ・・・と地道にジグを投げたおす。

立ち位置を移動してミノー攻撃。
報われることなくジグへと再チェンジ。
あっち投げこっち投げ青物探すも当たらんのでボトム小突いたり色々(笑)
はよ回ってきんさい!と力の限りフルキャスト!!

ポチャンと着水したそのとき!
真鯛を釣った立ち位置のところから20mほど先にハガツオのナブラ!
スーパー回収モードでジグを巻き戻していると更に別のナブラが立つ。
岸からたったの1~2mのところで目測50cm前後のヒラスかヤズがボッコボコ。
壮絶な捕食を繰り返しているではないか!
ジグを通せば絶対に喰う!っちゅー美味しいシチュエーションがソコにある。

アテナとヴィーナスとガディスとデ○ヘル嬢っちゅー女神がまとめてやってきた♪

キャストしていたジグを回収し終えるなり、さっきの場所まで一目散。
途中で投げたかったがヒットしたら取り込み不可な場所に瀬が飛び出しとる。
仕方ないんで磯を急ぐ。
岩のスリットから、ちょこっとジャンプ。
右足で着地した・・・ハズやったとばってん何故か横向いて宙に浮いている!?
思いっきり右足がツルンっと滑ってアリエナイ体勢で空中にいるようだ。
視界に迫る丸い岩。
ヤバか!打ち所ばしくったら命がピンチ!と脳みそは高活性で活動中。

そして、

どごんっ ばこんっ ばちんっ ばしゃん ごぽごぽごぽ

ふおぅ・・・痛ぇ・・・

ん?

ゴポゴポゴポっちゃ何ね?と思った瞬間に塩辛さを味覚が伝えてきた。
胸から上は海中にいるようだ(^^;
慌てて左手で体を起こす・・・呼吸ができたんで一安心。
ロッドは何処な?
体の心配より先にロッドを探す自分が憎かったり愛おしかったり(笑)
見つけたロッドは折れてない。
よし!まだナブラに間に合うはずばい!
起き上がって右足をだすと、鈍く深い痛みが走る。
・・・歩くだけの行為がやばいほどの痛み。
首に巻いていたズブ濡れのタオルを投げ捨て、それでも水際へと10歩ほど進む。
ナブラは既に消失していた。
海水が目に染みるが拭いている時間すら惜しい。
目の前に広がる海に飛距離はいらんと思いちょい投げ。
着水後、そのまま表層を曳いてくると・・・ゴツ!とバイト。
痛みから前屈み状態でリーリングしていたこともあってかアワセに腰が入らん。
当たり前のごとく・・・すっぽ抜け orz

なんのっ!まだ近くにはおるハズ!
投げては巻いての繰り返し・・・とうとう魚の気配がないことに気付く。
せめてプレッシャーのかかっていない遠くのポイントをと思いジグを投げる。
惰性で投げ続ける。
アタリすらない。
ミノーで近場を攻めてみるも反応はない。

am 9:00 前にして納竿準備。
悲鳴を上げる体を引きづって荷物を抱えて磯を歩く。
舗装された道路まで行き着き、やっと一息。

軽く休憩して、ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ。。。。。。。



やっと愛車が見えて初めてひとごこちついた感じ。
家に帰るまでが 遠足 釣行やけんな!と気張ってみました(^^;


待望の真鯛は釣れたが・・・不完全燃焼な釣行でしたばい。

20080712-3.jpg


スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。