スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

ボートシーバス

連休初日の昨日29日。
RさんとひろさんとボートでGO!GO!

先日までの風の猛威のせいで海はウネリ。
いつもの場所ではきついので場替えをしてみました。

ボート出す前に沖にベイトの魚影を発見。
準備を済ませてボートをベイトの近くへ進める。
と…トウゴロがナブっとらします。
ベイジギのつもりで出しているものの見過ごせないシチュエーション。
撃ちますぜ!
ミノーをつけようとタックルケースを開けるが…ない?
車ンなかに置きっ放し(-_-;)
バイブがふたつほどあったんでビバーチェを選択してキャスト。

ベイトタックルじゃ飛ばねーよぉ(^^;

悶々した気持ちで心許ない飛距離のバイブを投げる。
隣で、きたっ!
Rさんが 40ちょいくらいのスズキを捕獲。
ベイトについとる!ならば数もおる。
その証明のようにひろさんが竿を曲げる。
同サイズほどを捕獲。
それなのに麿にはまだアタリがこない。
なんでミノーとスピニングタックルを車に積みっ放しなのよ…
出艇直前にエギングは止めよと決めたんで置いてきたんだったな(^^;
大失敗だコレ。
目の前ではまたもひろさんのロッドが曲がっとらさる。
これはランディング時にバレ。ルアーがビョ~ンと飛んでいた(笑)
その様子をケラケラ(笑)ながらビバーチェバンビーノを曳いてると、

グッ ググ

アワセると軽い手応えながらのった。
矢先にバレタ orz
ダイジョウブダヨマダイルヨ
気を取り直してキャスト。
この飛距離でも当たったんだから可能性はまだまだあるハズだ。

グッ グッ

アワセるののらない。セイゴなのか?

ワンキャス3バイトめでググン
やっとこさのりおった!絶対バラさんぞ!


ボート初スズキ

セイゴサイズも初のボートスズキだ。
むっちゃ嬉しい。テンション上がりまくりである。
うきゃきゃとキャストしてスグに次を捕獲。

流しては撃ち、流しては撃ち。
ひろさんがナイスサイズを捕獲していた。
シャローを撃ちに行ってRさんがナイスサイズを捕獲した。
麿のナイスサイズはまぼろフィッシュ(笑)
Rさんと麿がナイスサイズのダブルヒットがあったのだが…
クロスプレー時に麿はバラし、Rさんのはランディング時にさようなら。
ゴムボはランディングに気を使う。
固いボートや伝馬船なら捕獲率はかなり高くなると思う。
けれど、そんなボートは管理できんのでこれからもゴムゴム乗りだ。
その日の晩メシが釣れればよかっですよん。

しかしRさんのナイスサイズの出かたは凄かった。
ピックアップ直前にドッカン!
ボートの真横、まさに目の前で水柱を立ててくれやがったんですよ。
まぢ、ビビりました(^∇^;


んでまぁ釣れたりバレたりバレたりバレたりで

ボートシーバス


まぁ相当数のスズキさんに囲まれてたんですね。トウゴロさんは。
またこんなシチュエーションに出会えたら面白いのになぁ。
こんな美味しい状況はそうそうないか?(^^;

え?
ベイジギ?
なんソレ?
いやね、沖にも出したっですけどね。
…エソのみ(-_-;)
あ、あとエソらしきバラシもあったけど(^^;
沖には魚はおらんかったすよ。



ともかく今度はショアからもスズキを狙ってみたいなぁとか。


Rさん、ひろさん。
スタート直後に楽しい状況でございましたな。
沖はかなり辛かったっすけども(^^;
またスズキさんもやりたかですがホームの方も気になります。
お付き合いよろしく♪

あ、あと、お土産フィッシュも有難うでした♪
今、後ろでムニエルになったスズキが美味そうな匂いをかもしとりますよ(笑)

スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

あかじん

ピコピコピコピーン


今朝、エージエントR氏より入電。
この時間帯だと…さては自慢メールがきやがったな?(笑)
くやしいんで暫く開くまいかとも思ったが…(嘘っすよ)

携帯端末を手にとりメッセージを開く。








何故かタイトルも文章も一切ない。
怪しい添付ファイルがあるだけだ。
やっぱ自慢メールかちくしょーめ。と思いつつも気になる気になる。





ともかく、開いてみよう。




ファイル名をポチ。






添付ファイルが全容を現した。




ん…んなっ!?






スジアラ




アカハタ?

ちゃうわっ!ちゃうがなっ!そんなモンちゃうって!!

すぐに間違いに気付く。



速攻で返信。
電話を架けたい衝動に駆られたが釣りしよる邪魔はしたくない。

震える手でメールを打つ。

ちょっ!これスジアラじゃなかとー??






数刻後、ウチの前に横たわる件の魚。


あかじん




でかっ!!




まごうことなき スジアラ でございます。

およそ4kgの個体。




半身を強奪致しました。



めっちゃくちゃ旨いぞ!この魚っ!!
もぅ喰うこと適わんかと思うと涙がでそーだぜベイブ

あぁ、ちくしょー釣ってみたいなオイ。

家族には、二度とクチに入らんから味わって食えと小一時間。。。
お袋が大阪へ出掛けてるんで実家に独りの親父へとお裾分けも持っていった。
留守だったが、後ほど電話があり嬉しそうな声でお礼が届いた。
なに、気にするな。貰い物だ(^∇^;







ありがとう、エージエントR氏。
相変わらずよか仕事をする漢だよ、アンタ。。。

ゴチになりますたっ!


[edit]

PAGE TOP

赤い魚ではあるのだが…

二週連続ゴムボ浮き。
嫁御から、またか!の一声つきですが強行(^^;
来週は障子貼りをしろとの御命を粛々と受けて釣行許可を頂いた。

今週の相方は、Rさん。
二人とも午前中だけ自由の身、門限という枷を背負った釣行である。
ってな理由により、いつもより早めに集合。
いやぁ、すっかり明るくなるのが早くなってるね。
早々にゴムボの準備をしていると、Rさんが何やら見つけたようだ。
Rさんの視線の先を見てみると…
げっ!またアイツラか orz
イルカの群れ登場。今年はホントによく見かけるなぁ。
メタルジグなら届く距離までくるんですぜ。
『イルカにのった中年』でもクランクインさせる気ですか?

テンション落ち気味になったけども出艇。
先週の反省も踏まえ、まずはオオモンハタ狙いへ。
とにかく、一匹を捕って精神的優位な立場で釣りを展開したいのだ(笑)
そこへ海が我々に仕掛けたトラップ発動!
Rさんが進行方向と違う場所にボイルを確認。
二人とも海のトラップにアッサリと嵌まり面舵いっぱぁ~い(笑)

辿り着けばベイトがうじゃうじゃ。
ルアーサイズのベイトに期待するも、ルアーを投げ込むと沈むボイル。

その繰り返し(-_-;)

しかし、Rさんは見事にジグでヒットさせる!
が、バレる。
ヤズだとばかり思っていたがスズキなのかもしれない。

その後も離れたとこで起こるボイル。
鳥山を目安にして注意を払い、沸き起こるボイルを追ったり追わなかったり。
足の速さからしてやっぱヤズなのか?
スズキの群れが複数いるのか?
正体不明のままボイルはとうとう消失。

すっかりとマヅメは終了している時間となりボイルに翻弄されました(^^;
まったく、恐るべしトラップです。
しかしボイルを追っかけるのって楽しかですよ~


取り敢えず気をとりなおし、タイラバをセットして沖めを流す。
流すつもりが潮がぜんぜん動かず、しかも風もないのでほとんど流れない。
しかも先週の赤潮の名残がまだ残っている(-_-;)
それでも何とか瀬があるとこでアラカブのお土産を確保。

アラカブ

ふっふっふ。
バーチカルバイブレーションで釣れたばい。
意外と青物に効くっじゃないかと妄想だけを膨らましておるとです。
今日はお試しでやってみたがアラカブが釣れてくれた。
そのうちに根掛かりでロストしそー(^^;
ロストする前にインチクに変えてアラカブ追加。
うん、なかなかの良型が続いてくれた♪
Rさんもアラカブをしっかりと釣っとらさる。
最低限のお土産は取り敢えず確保できた。
大物期待で更なる沖へと走る。
水深も少しづつ深くなっている。
しかしアタリは減っているんだなコレが。
それでもこん位の水深があればタイラバを追えるんじゃ?と期待。
結果、惨敗。
こうなりゃ時間も迫ってきおることやし、ハタポイントへ行くことに。
潮は相変わらず緩慢な動きだが風が少し吹いてきて多少はボートが流れ出す。
期待度UP
流し始めると間もなく瀬のあるポイントへ辿り着いた。
効率よく探るためインチクへ。
当然のように喰らい付いたアラカブ。

アラカブ


まずまずいい型だ(^^
塩焼きにして食ろうてやるばい♪
で、立て続けにアラカブを釣って気持ちよくなっていたのに根掛かり。
お気に入りのインチクである炎月ボトムシップが殉職した。。。
ラインシステムを組んでいると、Rさんがミズイカ発見。
ボートの近くの海面付近を優雅に泳いでいなさる。
ネットが届く距離でもない。
Rさんはエギにを付け変えてミズイカが消えた方向へキャスト。

なんと、一発で乗りおった(笑)

アオリイカ

上がってきたのはさっきのミズイカだ。
傷があったのが見えてたんで間違いない。
スミ対策でネットの中で〆てから取り込んでもらう。
しかしなかなか立派なミズイカでキロサイズはあるんじゃないか?
時期的にボートエギングをやるのも面白いかもしれないなぁ。

直後、自らを勢いづけたRさんはインチクで魚もヒットさせる。
ロッドティップが叩かれまくっている。
こりゃハタじゃないね。
鯛やろか?何やろか?
上がってきたのは…エソ?んにゃ、ハタ!違う、コチばい!!

いいサイズのカールゴッチ もとい マゴッチが暴れている。
ネットを伸ばして…よっしゃ入った!

マゴチ

これ、50UPいっとらすよ(゜д゜;
幅があるいい魚だぁ
この魚は麿も捕りたいぞ!でハイエナ大作戦。
インチクを投げ込みまくるもアタリすらなし。


そしてそのまま…あぁ無情のタイムアップ。




一応ボウズではないし面白かったんでよいのです。
赤い魚を期待した釣行じゃあるが釣れたのは赤は赤でも別種。
結構いい型のアラカブを五匹ばっか釣ることができやした。

五株



ミズイカのお裾分けを頂き美味しい晩酌にありつけました♪
Rさん、ありがとうございました。しかもハタまで。



次回あたり麿の当たりデーがくることを祈りつつ。。。再見。


[edit]

PAGE TOP

ゴムボ初ボウズの危機!?

釣りいきましたっ

いやぁ、一ヶ月ぶりの魚釣りでございます。
この一ヶ月、ちょっと外で遊ぶって気にはならずヒッキーしてました。
それでもヒッキーしてたのは、あくまで自己都合に他なりません。
なんやかんやで、ポケットモンスターをやってました(笑)
昔のDSソフトで、ポケモン ダイヤ&パールのダイヤね。
今年、中学に上がった息子からのお下がりです(^^;
思い起こせば私は元々がゲーマーでしたけんね。
やりだしたら名作だろうがクソゲーだろうがハマるんですよ(^^;

クリアしたもののレベル上げしつつポケモン捕獲(笑)
誰か麿にマナフィーをくれんですか(爆)



で、釣りに行ったのは先週の土曜日(4/2)のことでございます。
あれ?昔話し(^^;
最近、忙しかっですよね。仕事とかポケモンで(笑)

当日は凪だってんで、相方にひろさんを迎えゴムボ発進。
鯛に期待して沖の瀬が10mほど駆け上がっているポイントを目指す。
しかしポイント見つけきれず orz
岸近くなら山立てで何とか目処がつくっですけどね。
沖ともなると場所を特定するのは難しい。
GPS付の魚群探知機が欲しいよぅ…ママン

そんなことより大問題。
ポイント探しどころじゃなかったんです。


赤潮。

しかも、かなりの規模でございます orz
沖へ沖へと進んでみるも赤潮を抜けきれず。
それでも幾分か緩和された場所で釣り開始。
これ以上行ってしまうと航路に引っ掛かりそうな勢いなのだ。
赤潮包囲網から抜け出せぬまま出艇直後から諦めムード漂う。


ほらね。

案の定、アタリひとつありゃしない(-_-;)

くっそぅ。
右に左に大移動したりするもタマに釣れるのはエソだけ。
まぁでも朝マヅメから釣れたことなんて初回くらいなモンだからね。
過度な期待は厳禁なのだ。のんびりやるよ。
そんなこんなでゴムボを流していると近くでボイル発生!
落としたばっかのタイラバを慌てふためいて回収!
ボイル目掛けてキャスト…飛距離届かずすこしばかり手前に着水。
もちろんアタることなく、再びキャストしようとするも魚は沈んでった。
ジグに変えて沈めて探るも反応なし。

はうあぅぁ。。。

い、今からですよ。と余裕ぶった一言を口から出す(^^;
んが、やっぱ釣れん。昼になっても釣れん。
困った。参った。
釣れない時間が更に続き、とうとうゴムボ釣行ボウズの洗礼を覚悟(笑)
いや、待て。
ひろさんを呼び出しておいてボウズを覚悟してはイケナイ(^^;
いや、ひろさんはこの時点でアラカブを釣ってたカモ?

時間が経ち、赤潮が風と潮に押されて岸側へと流れているようだ。
ちょっと岸よりを攻めることが可能となってるみたい。
そんならば!
ひろさん、ハタ期待ポイントに行きましょう!と移動。
さっきまで居た場所より、10mほど浅いがいい感じに瀬が絡む。

きた~~~

ひろさんに待望のエソ以外の手応え。
ロッドもエソのときよりも大きく弧を描いている。
バラシだけはやめてね♪とプレッシャーを掛けながら揚がってくる魚を待つ。

ハタじゃ~♪

尺サイズだが、念のためにネットで掬い揚げて捕獲完了。
ひろさん、ゴムボでは初ハタやったかも?
これで波にのったか調子にのったか(笑)ひろさん連続ヒット!
先ほどと同じく尺サイズのオオモンハタを追加。
ここで心に安堵と焦燥が交錯を始める。
ひろさんが釣れたことは純粋に嬉しい。
自身がボウズなことが純粋に切ない。
赤潮が緩和され、このポイントでハタが喰ったってことは期待はまだある。
ここで俺もボウズ脱却だ!

ガツ

やった!きたぞ~
ってエソっぽいヒキだねぇ(^^;
で、やっぱエソ(-_-;)
ソッコーでフック外して、そのままタイラバを落とす。
着底からの巻き上げ直後に押さえ込んでくるアタリ。
おらっ!っと大きめにアワセたが、ロッドティップは下を指したままだ。
ありゃ?なして?魚やったってば??
そのままティップが海面に刺さる勢いで引き込まれる。

きたーきたきたきたよー

ボトムでの激しい抵抗。
間違いなく、50cm級のハタですぞコイツは!
最初の抵抗を凌ぎきって浮き出した。
バレさえせんならコレで勝ちだ。
慎重に揚げてくるとナイスサイズのオオモンハタのシルエット。
少々痩せ気味?ながら、デカハタ確保~♪


ボウズ回避のオオモンハタ


オオモンハタ 49cm 1.3kg


コレですよ!ひろさんの目が輝く。
どうやら狙いはこのサイズのようである。そりゃそうですわな(^^;
とにかく、この時期にもデカハタはいるようだ。
それが分かればテンションも上がるってモンだ。
しかしこの後はポイントをズレすぎたかアタリがなくなった。
ゴムボを走らせさっきのポイントを流しなおす。
ひろさんにデカハタを捕ってもらわねば!
是非ともあのヒキを堪能してもらわねばならんのだ。
ボトムを離れ中層あたりでまたも押さえ込む感じのアタリ。
よっしゃ!ぐわっ!バレた。
麿のバレ直後、隣で叫ぶ人がおる。

きたっ!

うぉ!それはきっと俺の魚(笑)とふざけてのたまう。
ところがこの魚がロッドを曲げる曲げる。

コレコレコレコレ~~

ひろさん、リールを巻く手をとめないがニヤけた顔もとまらない(笑)
柔らかめのロッドは気持ちよさよーに曲がっておられる。
麿はネットを持ってスタンバイ。
やはりデカハタが海底からお目見えしてきた。
うりゃ!と一気に救って捕獲完了!
ガッシリと熱い握手を交わし、おめでとぉ~♪
お互い、これで子供が養えますな(笑)


それにしても、ひろさんのデカハタは見た目インパクトがある。
50cmは堅く、何より体高がすんごくあるのだ。
身が付く時期だったらどんだけの重量になるのやら(^^;

取り敢えず、互いにお土産確保で一安心。
その後は出艇地へ戻りつつ探りを入れるも二人ともバラシのみ。
ボウズ逃れて気が抜けてたのかも(^∇^;


あまりにも釣れなかったんで結局かなりの時間の釣行になった。
7時頃の出艇で昼過ぎまでキープなしてどんだけなのさ(^^;
おかげで、ハタが釣れたときは嬉しかったです。
オオモンハタの有難みがトコトン身に染みた日でありましたとさ。

なんとか一匹でボウズ逃れた麿です。
ヒロさんはしっかりと形になってました。

お土産ミッション完遂




ゴムボにはいい季節になってきた。
釣果はともかく気温がね(笑)
嫁御に暗殺されん程度に浮いていきたいなぁ。
相方さんたちヨロシクね♪



[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。