スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

木っ端

5/4
連休の終わりが見える哀愁漂う日である。
流石に子持ちアングラーの身なれば、こどもの日は一日釣りに興じれぬ。
そんなワケで、4日に同じく子持ちアングラーのひろさんと浮いてきました。

狙いのフィッシュ?
そんなん釣れればなんでもオッケー的な釣りですよ。
気持ちだけは真鯛とか…ないこともなかとけど。


気合だけは十二分で、朝一から出艇。
黄砂がすごくて視界がイマイチ悪いがちゃんと見える。
一応、沖に行くのは自粛して岸近くから流すことにしました。



で、

朝一から昼過ぎまで、釣れたフィッシュはお互いエソのみ(-_-;)
他は、ちっこいアタリが数えるほどあったくらい。


こうなればボウズ濃厚。
おったら釣れるお土産フィッシュのアラカブ探しだ。

瀬を探し、インチクで探ったり鯛ラバ爆撃かましたり。

ところがアラカブすら釣れず orz


それでもボウズはイヤー
瀬の上を探しては鯛ラバを落としボトムを重点的に探る。

それを繰り返して繰り返してやっときたー


アラカブ


尺には届かないサイズながら嬉しい一匹(^^;
この一匹で運気が変わってくれと願いながら鯛ラバ爆撃。
ほどなくひと回り小さくなったがアラカブを追加。

よし、2匹おれば味噌汁くらいは作れるだろう(笑)
(実際は塩焼きにして食べましたが。)

安堵した麿にお土産追加のオオモンハタ
ボトムをかなり切ってたんで追ってきて喰ったんでしょう。


オオモンハタ


尺オーバーほどのサイズ。
でも今日はすんごく嬉しい魚なのです。


こんな釣果でもお土産フィッシュがいないひろさんは羨ましそう(^^;
何気に爆釣じゃなかっすか!とか言われちゃったい(笑)
確かに今日のシブさから見ればいいほうのような気がせんでもなかですが。。。

しかしその直後からはひろさんが連発。
麿はちっこいちっこいアタリがあったくらいで沈黙。


ひろさんが釣った魚


フエフキダイ


フエフキダイである。
麿は超おチビしか釣ったことないので実は羨ましかったりする。


んで、次いで出した魚が本命フィッシュ


マダイ



微妙に尺に届かないサイズだがやっぱ本命は妬ましい。
くっそー、キレーかなぁ。




ここでタイムオーバーになって納竿しました。



大海原に木っ端ボートで木っ端フィッシュを釣る木っ端アングラー麿です。
麿が真鯛を釣るのはいつの日か?
くっそぉ…二キロの真鯛でいいとになぁ。

一応ですね、らしい魚は掛けはしたっですけどねぇ
フックを折って逃げた謎の魚やら、インチクにきたマゴチらしき魚やら…
捕れんかったら一緒やけどね(T_T)

・・・・・またガンバロ


スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。