ボートでアコウ

日曜日にhiroさんとゴムボ釣行。
いつもより遅く集合してノンビリと出艇。
沖にあるいつもの曽根まで一目散。

曽根に辿り着くと仔ヤズの群れがピチャピチャ
ジグを投げ込んでみたがセットしているジグがデカい。
群れがソッコーで沈む(-_-;)
しゃ~ないな~ってコトでジグを45gに変えて待機。

下げの潮が効きだすまでは小型のフエフキ系が三匹。
ちょっと厳しい時間が過ぎる。

潮が動き出すと魚の活性が上がってきた。
いつものオオモンハタの35cm程度を捕獲。
飽きない程度に尺upサイズのオオモンハタが釣れる。
キンプグかオオモンハタかといった感じでなにかしら釣れる。
どうやら退屈せん釣りになりそーだ♪

途中でhiroさんの横まで行ったんで状況確認をしてみる。
ネリゴが釣れたとな!
尺サイズって言うとるがオーケーおけー

曽根絡みでジグを投げるが反応なし。
インチクで攻めてみよう。
いきなりヒット!

ガンガンガン

元気よく竿を叩く。
こりゃネリゴっちでしょーよ(≧ω≦)b
海面付近まで寄せると一気に船外機に向かって走る。
うわ~お!Σ(゚Д゚;)
ボートにラインが擦ってますって。
魚をまわしてブチ抜き

ネリゴ

尺サイズながら嬉しいボート初獲物。
このアト、もう一匹掛けたものの抜き上げでフックアウト orz
中層での反応がキンプグのみになったんでボトムを狙ってみた。

ズドン!

ギュイー ギュイイー

良型ハタきた!
今の時期のハタはむっちゃ元気やわー
魚の引きを堪能しながら巻き上げる。
浮かび上がるハタのシルエット。
予想よりもかなりコマい???
ん?
ガラが違う!?

キジハタ


尺upサイズながらもキジハタ(アコウ)どわー
キタコレ(゚Д゚;≡;゚д゚)キタコレ
もう今日はお腹一杯だぞ(笑)


アタリもなくなり、ちょっと離れた瀬のほうへ移動。
ボトムで反応…のらず
フォロー入れると反応あり…も、のらず
しつこくボトムに落として優しくねちっこく誘う。

グ ググ…

うりゃー
渾身のアワセを叩き込む!

ギュリリリィィィ

ギュイーーーン ギュギューー

グングングングングン

なんぞコレ?
50サイズのオオモンハタでもここまでないぞ?
インチクなんで、強度には不安がないキャスティングタックル。
真っ向勝負できるんでゴリ巻き。

上がってきたのは、ガラ違い…



キジハタ

キジハタ 47cm 1.3kg


うっひゃぁー
余は満足じゃー(笑)

今日はhiroさんもキジハタを1匹だしている。
アコウデーか?
hiroさんとこの近辺を探るが残念ながら追加は出ず。

hiroさんは遠くへと旅立っていったので麿も曽根の先へ。
魚探は中層に反応を告げている。
仔ヤズっぽかなぁ
狙うとこ。

インチクで1匹。
ジグで2匹。
バラしが数匹。

上がってくるのは35up程度ながら近くでヒットするためよく引く。
かなり面白い。
ランディング時にすこぶる元気なんで海面でよくバレる(^^;
こりゃもっと楽しむぞ~
そんなん思っているところへhiroさんからCALL

「ヒラス上げましたよー!」

興奮覚めやらぬ声で 嫌な 報告が届く。
マジっすか!
仔ヤズの群れは捨て置いてそっち方面へと向かう。

その道中で気がついた。
今日は予備ガソリンがちょこっとしかない。
あそこまでは…いけない。つか、帰れなくなる(-_-;)

諦めて限界ギリギリの場所でジグを投げたおす。
反応が一切ない。魚探も反応なし。
ボトム探るも無反応。
仔ヤズで遊ぼうとさっきの群れのポイントまで戻る。
が、既にどっかに移動して仔ヤズおらんかった。


ぼちぼち撤収の頃合か。
岸の方へ戻りながら目ぼしいトコを叩いていく。
鯛ラバの着底と同時にヒット!
ベイトリールが悲鳴をあげる。
ハンドルを巻いてもスプールは回らずラインが巻けない。
引き出されるライン。
タイミングを取りながら少しづつ確実にラインを巻き取っていく。
最後までナイスファイトをくりひろげてあがってきたのは

オオモンハタ

いつものオオモンハタながら、50クラスの納得サイズ。
よーし。これで見た目的に釣果の貧相さが薄れるな(笑)
hiroさんが戻ってくるのを待っている間にも鯛ラバを落とす。
そして、仔ヤズを追加。

ここで納竿。

小物ばっかりながら数はソコソコ釣れました。

釣果


hiroさんの釣果と並べてヒラスで華を添えてみる(笑)

集合写真




さーて、次は麿もヒラス釣るぞー
釣りてーぞーーー


スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

夕マヅメッキ

昨日の夕飯前。
一本ポシュっとやる前に近場へ。

狙いはメッキ。

まだ小さかろーねー。とか思いつつ。
でも例年なら群れが入ってきとるハズなんで確認がてら。

到着後、スグにミノー投げるも数投反応なし。
足元には2匹ばっかおるんで入ってはきてるようす。

ミノーからスプーンに。

2バイトするもノラズ。
で、反応が更に渋くなるも2ゲット。

メッキ

やっぱコマい(^^;
でも久し振りに釣ったんでかなり嬉しかったり。

んで、やっぱミノーでも釣りたい欲求。
辛うじて 2ゲット。

ギンガメッキ

30分釣行で、ギンガメ 4ゲット。
こんなサイズなんでオールリリース。
20超えたらツマミにしようと思ってたのに(笑)
釣れただけマシの癒され釣行です。

昔はそれこそギンガメばかりやったんですが
最近はロウニンメッキの比率がかなり高かった。
昨日は全部ギンガメッキやったのが個人的満足(笑)

にしても…群れっちゅーモンが確認できんかったっですよね~
今年、メッキは外れ年?

また短時間遊びに行って確認しよ。

[edit]

PAGE TOP

お盆フィッシュ

13日の土曜日。
hiroさんとお盆用フィッシュを仕入れるべくゴムボ釣行。

お盆用とあって絶対にBo-zが許されない。
こんなハイプレッシャーな痺れる釣りは嫌なものだ(^^;

最低ラインでもお互いにデカハタを2匹づつくらいはキープしたい。
プレッシャーに慄く二人はハタ率が高いであろう曽根へと一目散。

最初は小型でもいいから魚を見れば安心する。

そう思っていた。


しかし、アタリがない。


焦る。焦る。焦る。

逸る気持ちで鯛ラバを落とす。


ガツン!


ギュリーーーーー


ぶつん


前回と同じようにまたもPEラインがぶち切れる。

おいおいおい!今回は魚が必須なんやってば!
何やってんですか!何を orz

やっぱ安物ベイトリールのドラグが原因なのか?
リーダーを結び再び鯛ラバを落とすがアタリはこない。

hiroさんはたまりかねたか前回に鯛を揚げたポイントへと向かった。
麿は曽根を叩くべく残る。

相変わらず鯛ラバに反応がない。
ベイトタックルに嫌気がさし、キャスティングロッドでインチクを投げる。
その1投目、ボトムでヒット!
たいした抵抗もなく素直に揚がってきたのは尺ハタ。
お盆フィッシュにこのサイズでは満足できない。

ふと潮位表をみると…潮止まり。
そんなことに気付かないほどプレッシャーを受けていたようだ(笑)

気を取り直して、hiroさんにコール。
どうやら40弱サイズの真鯛が揚がったようだ。
hiroさんがいる方面は攻めたことがなかったんで向かってみた。
道中、怪しげな反応がある場所を攻めてみるがアタリがあっただけに終わる。

hiroさんの近くに辿り着くと水深はいつもの場所より深いが地形に変化がない。
じんわりと駆け上がっているような場所はあるが基本は平坦。
暫くやるもキンプグしか確認できなかったんで曽根近辺にhiroさんと一緒に戻る。

曽根の近くにある小さい瀬周りで魚探にいい感じの反応。
鯛ラバを落としてみるとキンプグ(-_-;)
再び落とすとボトムでヒット!
手応えが軽いんでキンプグだろうとゴリゴリ巻き上げる。
海中にうっすらと白い魚影…やっぱキンプグか。
ところが白からピンクっぽい色に…

イトヨリ

やったぁー イトヨリやん♪
サイズはコマいもののソコイトヨリではなくちゃんとイトヨリだ。
鯛ラバで釣れたんで満足なのだ。
こりゃまだ釣れるか?
期待を込めて鯛ラバを海底へと向かわせる。

ゴン!とヒット。

グイ! ギュリリリィィ


ぶつん


まーた PEから切れおった orz
デカハタか?鯛なのか?
キャスティングロッドでジグを落としてシャクリあげる。


シャック シャック ゴツンっ!

ググイ!グイグイ


ボトムへ向かうハタの引き。
やっぱさっきの魚もハタなんか?
元気いっぱいの抵抗で揚がってきたのはやはりオオモンハタ。


オオモンハタ


40サイズくらいかな。
まぁいいや。十分なサイズでございますがな。

ここからかと思うもののキンプグしか釣れない。
一体今日は何匹のキンプグを釣ったのだ?多すぎる(-_-;)

キンプグから逃れるべく曽根へ向かう。
ちょこちょこと移動しながら狙いオオモンハタを追加。
潮止まりの頃と比べて魚の反応があるんで期待できるか?

もう何度目かになる鯛ラバの巻上げ。
ハタがヒットする水深こ超え回収モードで巻く。


ガツーーーン!

ギュリャァァァーーー


ぶっつーーん

またまたPEラインから切られたぞー(ToT)
一体何モンじゃ今の魚はっっ!

くっそ!あったまキタ!
もぅ今日はベイトタックル使うもんかぃ!

キャスティングタックルに鯛ラバをセット(笑)
だって今日はインチクよりもジグよりも鯛ラバが一番反応がいいのだ。

ソッコーでキンプグにリーダー切られる orz

場所を少し移動して曽根を少し離れた緩やかなカケアガリを攻めてみる。
あ!そーいえば最終兵器があったのだ。
すこぶる真鯛の反応がいいと噂の鯛ラバであるビンビン玉を買ってきた。
ボンビーな麿はひとつ買うのが精一杯だったが頑張ったぞ(笑)

キンプグにビビリながらもビンビン玉を落とすこと数回目。

何やら鯛ラバにまとわりつく気配がある。
集中して…集中して…ここじゃー

ガツン!

ドン!ドドン!

ガツン! ジー ジジー


うぉー!なんぞ大物キター
近くにいたhiroさんにきたよーとアピール。
んが、そんな余裕もここまでであとは魚の相手で精一杯(^^;

このファイトは恐らく真鯛で間違いない!
前回の真鯛よりも格段に強い…ってことはお盆フィッシュのメインになるはず。
絶対コレ捕らんと帰れんぞ(^^;

ドラグ調整をしながら慎重にあいてをし確実に上げてくる。
ロッドティップが大きく叩かれるたびにドキドキする。
初恋のときだってこんなにドキドキしとらんぞ。

さぁ、はよ姿を拝ませちゃってくれませんか?

白い影が見え始めた。
hiroさ~ん、鯛ばい鯛!ここでやっと余裕復活(笑)
海面で最後の抵抗を見せるも、既にバテた相手を見て冷静にネットイン。


真鯛


真鯛 70cm 重量未計測


Oh year~ 本命フィッシュが釣れたー釣れたよー

実家に持っていって捌いたんで重さ量ってなかですが軽く4kgはあるんじゃないかと。
お盆で麿の爺様がウチの実家にやってくる。
齢百を目前にしとるから食えるかどうか分からんが…食わせる(笑)
ま、とにかくコレでお盆フィッシュに格好はついた。

このアト、天候悪化によって早期終了。


鯛 in クーラー


いや、ギリの釣果でありましたとも。


hiroさんもノルマ超えのデカハタ3匹と40弱の真鯛。
二人揃ってノルマクリアで安心して帰ることができました。


さーて、次回も真鯛が出せれば本物なんですばってん…マグレ臭いわぁ(笑)



[edit]

PAGE TOP

ロンリーなオフ

7月最終日の日曜日に単独ゴムボを決行。

今回は撤収時間がいつもよりも早いのだ。
よって沖の曽根叩きに専念するつもりでの出撃。

問題は、その曽根を見つけることができるのか?ということだ(^^;

魚探にGPSナビが搭載されてはいるが全く活用していない。
そろそろ説明書を読んでみようとは思っている。
まさに宝の持ち腐れ。。。

取り敢えず出艇して、それらしき場所を目指して海上ドライブ。
無事に曽根発見。
相変わらず運だけで生きているようだ。
これなら何とかハタかアラカブくらいは釣れそうな気がするぞ。

一応、スピニングとベイトタックルを用意してはいる。
しかし単独での出艇準備で疲れてるんで、楽な鯛ラバを落とす。

スグに反応があった。

アワセるとそれなりの手応えはある♪
何より大事な一匹目。
ボウズ逃れがかかっているんで、それはもぅ大事に寄せるのだ。

予想通りに茶色い魚体が浮いてきたぞ。


オオモンハタ 40


40あるなしくらいのお土産ハタを捕獲成功。
よし、これで家族への食材調達という大義名分は果たせた。
ちょっとくらい夢を見たってイイジャナイ。

キャスティングタックルでジグをぶん投げる。
ヒラスの姿が拝みたい。
ヒラスのハラミを食したい。
そんな欲望を黒く渦巻かせながらシャクる。


ノーバイト orz


くっそぅ、しかしこん程度じゃめげんぞ!
インチクで真鯛やら狙ってみたってイイジャナイ。


ノーバイト orz



もぅよか。
鯛ラバで魚の引きば楽しむんじゃ。
ハタ狙いのときくらい強気にでたってイイジャナイ。


ノーバイト orz


まぢで!?

これは流石にヤバイぞ!焦るぞ!
曽根周りを外さずに移動してボトム狙い。

鯛ラバを巻き上げ直後にズドン!
ガッツリとアワセをくれ、さぁ巻き上げってとこで、

ギュリリリィィィィ

ロッドが一気に持ってかれる。
ぬおぅ!
はよ親指離してライン出さにゃ…と頭の片隅に浮かびかけたころには

ぶつんっ


はぅあ…PEから切られてもうた orz
凄い引きじゃあったけど化物フィッシュではないとやろう。
ボトムでヒットして底を切ってなかったから根でラインがスレたか。
引き込み方からして良型のオオモンハタやったと思っとこ。

リーダーを繋いでいる間にボートが曽根から外れた。
これを機にまた場所移動。

曽根の適当なとこでボートを止めて鯛ラバを落とす。

パク  ギュリリリィィィィ

麿はチョン ニコルが好きなのだが。
特に、Lupin のときのスモーキーメイクのニコルは大好きだ。ラブだ。
いや、今はそんな話じゃない。

グングンとボトムに突っ込む魚がヒットした。
じぇったいオオモンハタだコレ。

さっきのラインブレイクを踏まえてドラグを少し緩めている。
突っ込むたびにドラグがチリチリ…ラインを引き出していく。

も、もしかしてハタ以外の何者かとか?
でもやっぱハタか?それにしては諦めんな。

最後まで強い引きを堪能させてくれたが揚がってきたのは


オオモンハタ 50


やっぱオオモンハタで、50サイズ。
最初の一匹と合わせてお土産には十分だ。

これから暫く頑張るもお土産フィッシュはノーフィッシュ。

キンプグはやたらと釣れましたが。それはもぅデカいのが。
鯛ラバも三つばっか盗られたし(-_-;)

仔ヤズ(30cmくらい)もかなりおったです。
ジグを投げてみるもデカすぎたのか反応せず。
むしろ逃げる(笑)
プラグにも反応してくれんので水揚げできませんでした。


んー、オオモンハタ以外の魚種が見たいなぁ(^^;




撤収作業を終え、これで帰路につくだけだと安心したとこで問題発生。

車のタイヤがパンクしとる(-_-;)
クソ暑いなか、やっと積んだボートを下ろしてスペアタイヤだして交換。
超!汗だくです。
何とか無事に家に帰ることはできました。
あーしんど。。。



[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム