脂肪遊戯

あれは七月

まだ蝉の鳴き声がけたたましい頃。



暑さにだるけて上半身裸でゴロゴロして本を読んでいた。
そこへやってきた娘がだらしない父ちゃんに一瞥をくれて行き過ぎようと・・・
五輪選手並の反射速度で娘が驚愕の二度見をしたのち、

『 パパ! ナニ! コレ! 』

『パパに 珍百景 発見したー』


ゲラゲラ笑う娘の視線の先に何気に手を当ててみた。


『 ん? コレ? ウソっ!? 』


わき腹 しかも背中よりに覚えのない感触がある。


肉質系スライム が付着してる orz


うわっマジかコレ。。。
脂肪やんか。
噂の中年太りっちゅーヤツに相違あるまい。

で、考えて辿り着いた結論は、少し漕いでみようか。

2馬力エンジンではなく、1馬力(マンパワー)で浮いてみる。





日曜日に早速実践。

早朝4時に起床。
雨があがるのを待って 6時過ぎに家を出る。



脂肪遊戯

遊んだ上で脂肪を燃やす。
これが今日のテーマだ。



で、漕いだ。 漕いだよ。 漕いだとも。
慣れぬパドルでえっちらおっちら。
漕いで釣りして、漕いで釣りして・・・

腕が休まるヒマがねぇ。



しかも潮止まりは魚の気配がまったくなかったのに
下げが効きだすと頻繁にエソが喰ってくる。
退屈せんかわりに腕に余計な負担がかかるわぃ。

数えるのを止めたエソの他につれたのは小物ばかり。

30cmが遠い仔鯛、同サイズのイトヒキアジとオオモンハタ。
取り込み時にバラしたネリゴやイトヒキアジも同サイズ。
ここではちんまいのしか見ることができなかった。

まぁよろしい。
今日は釣りではなくダイエットが目的だ。
あくまでダイエットのために浮いたのだ。
釣果は別に気にならない。うん、気にしてない・・・よ?


お昼前には岸上がり。
この炎天下で漕いで釣りすりゃ死ねるわな。

死亡遊戯

命かけて遊んじゃいけません。

はよ涼しくならんかなぁ。


120819.jpg


スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム