スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

鬼退治?

梅雨ですなぁ・・・ということはイサ鬼が見込める時期になった。
またしても魚ん陽師と化して鬼狩りじゃ。待っておれイサ鬼よ。

麦わらイサキと称される今の時期のイサキには涎が止まらないのだ。
あぁ、釣りたい。そして食べたい。

いつ釣るの? 今でしょ!

と、言うだけなら簡単な流行の言葉にのったところで釣行決意。
台風4号もナイスな具合に消滅してくれたしね。
イサキとは別に、一昨年に食べ飽きたが故、昨年はスルーしたハガツオ。
今年は釣って食べたい。タタキにしたい。炙らせろ。

食という欲望をフトコロにしまいこんで大潮狙いでゴムボ海賊出航。

一応は台風が過ぎ去ったことやしなんぞ回遊魚を釣れてきとらんかなー?
そんな都合いい期待に胸躍らせる朝一のひととき・・・のハズだが
今日の先行きを暗示するかのよーな曇天時々小雨。
だがしかし、今日はこのくらいのことでテンションは下がらないのだ。
なぜなら既に気分は大漁だからである(笑)

先に述べたが、麿的には本日の大本命はイサキとしている。
ルアーマンとしてはグレーゾーンであろうサビキまで導入してきたからね。
鯛ラバの上には2本針のジギングサビキをセットした。
サビキは疑似餌という括りで麿的にはOKだ。撒き餌しとらんし(^^;
あわよくばベイトの種類まで確認してやろうという腹積もりだったりする。

ところがどっこい。毎度ながらに自然はそんなに甘くはない。
実際にゴムボで浮いて魚探を眺めても死の海の様相さながらの反応だ。
まったくもって想定外も想定外でベイトが激薄なのである。
たまにベイトの影を拾っても規模は小さく密度も薄い。

ベイト薄いぞ!なにやってんの?とブライト・ノアよろしく叫びたくもなる。
ミノフスキー粒子という名の撒き餌でも散布したら濃くなるんだろうか?

取敢えず適当に曽根の周囲を探ってみる。
意外にも早く反応があった。ボトムから10巻きくらいでヒット。
しかもイサキを彷彿させる引き味を見せるではないか。
ちょっと手応えが軽めな感じがするが・・・小ぶりのイサキか小鯛?
そんな麿の思いなどどこ吹く風ぞ。
魚は針を外して逃げていきなさった。ガッディム。

くっそぉ~
せめて鯛ラバかサビキのどっちに掛かったのか知りたかった。

暫く後、着底直後の巻き上げに、ククククっと可愛いアタリ方。
この水圧抵抗のみであがってくる感じ・・・・・アラカブやな。
案の定、小ぶりなアラカブ。
しかしキサマ、その大きなクチをもってして何故サビキに喰ってきた?
その後も同じアタリ方で気持ち大きくなったアラカブがサビキにきた。
アラカブって実はサビキ好きなのだろうか?

同じく小さいアタリ方でロッドを小刻みに叩きまくってきたのはイトフエフキ。
2匹釣れたがどちらもサビキ。

う~ん。。。鯛ラバに食ってくる魚の釣れんもんかなぁ~

あまりのアタリのなさに、ボーっとしながら巻いていると
いきなりロッドを引っ手繰るバイト。
うわっきたっ!
慌てて姿勢を正してファイト開始(笑)
だが、よくロッドを叩きまくるものの手応えからして小さい。
ほどなく揚がってきたのは嬉しいアカハタだが30cmに満たない。
コヤツは塩焼きにして食らおう。
取敢えず、やっと鯛ラバで魚が釣れた(^^;

Rさんもさすがに本日は苦戦中。
ここまでアラカブの姿しか見ていないはずだ。
こうなるとやはりサビキの能力値の高さは見過ごせんのかもしれない。
もっとも小物しか釣れとらんのですがね。

サビキへの認識を改めだしたところで中層ヒット。
一瞬、イサキを期待も引き方が変。アナタダレ?

海面が近づくと一気に横走りを見せた。
こりゃ~青モンですわいな。ハガツオきたか?
ハガツオにしては物足りないよーな?カツオ?サバ?

ボート直下でぐるんぐるんと走り回られ取り込んだのは


マルソーダ



僧堕鰹!見参。
またサビキに喰ってきなさった。もう今日はサビキデーだな。

なんにしても自身初のソーダガツオなのでマルなのかヒラなのか?
・・・マルにヒラって、なんかスズキの話しのよーだがあくまでカツオだ。

文献によるうろ覚えだとヒラソーダの方が食べやすかったよーな記憶が。
とにかく血抜きしてキープ。
帰宅後に調べたところ、本種はマルソーダガツオで確定した。
血合いが多く、生食は推奨されていない様子。
また、ヒスタミン(やったっけ?)中毒とかあるようで気をつけて食せとあった。
血合いをごっそり削いで加熱することにしよう。
ウチの嫁御の手にかかり、ふりかけとなって食卓へあがりました。マイウ~



さて、釣りの続きに戻ろうか。
本日も、パッとしない釣果だがサビキに頼らんRさんはもっと厳しい。
やはりベイト不足が故に大きな魚が入ってきていない感じである。
そんななでソーダガツオのよーな小型青モンはチラホラと跳ねている。
そいつを狙ったRさん、一発で食わせおった。
随分と素直に寄ってきたのは・・・まだ可愛いペンペンシイラ。

未だにクーラーが閑古鳥のこの二人。
先に 裏切った 口火を切ったのはRさんだった。
ライトなベイトタックルからファーストランでラインが持っていかれている。
ロッドもごっつ締めこまれている。大変に楽しそうだ。ちくしょう。
グイグイと引きながら時折ゴンゴンゴゴゴンとやっている。
ハタなら良型確定。違うならどんなヤツが揚がってくるのか楽しみだ。
最後の最後まで抵抗をしてやっとお目見えしてきたのはオオモンハタだった。
それにしてもデカい。優に50cmを超えている。
少々細めなのが惜しいといえば惜しい。
もぅちょっと身が入ればこれよりも更に引くんだろうな。すごいなオオモン。

にしても参った。
閑古鳥はウチだけになってしまったではないか。
麿もなんとか良型オオモンを確保しなければ。
そうでなければ本命の良型イサキを釣りたいところ。
イサキが見込めそうなポイントで、ジギングサビキ付鯛ラバを落とす。
ボトムから少々巻き上げたところでアタるも乗らず。
しかし追い食いしてきた・・・・・ものの乗らず。
追い食いするあたりオオモンハタを連想させる。こりゃ食わせねば!
少しだけ巻き上げて再度フォール。
フォール中にバイト。この時点でイヤな予感がよぎる。
あまりに活性が高すぎる・・・コイツ・・・キンプグか?(-_-;)
・・・ぐわぁ~ やっぱかー
キラキラと揚がってきた魚をそのまま歯軋りしながら海へと返納。
まさか群れとりゃせんろーのー?
幸い、続くことはなくホッとする。しかし釣果を顧みるとゾッとする。
なんとか盛り返したいと漁礁群エリアで頑張り続けた。

魚が・・・魚が釣りたいです。

ちょうど漁礁の際のボトム付近で、ズンっとヒットした。
アワセを入れるとかなりの重量感とともに引き摺りだされるライン。

本日のメインフィッシュやっときた!
バラしたらそこで試合終了だよ。

漁礁に持っていかれてはタマランとリールを巻くものの出されるほうが多い。
無理に止めてラインブレイクすることが今は怖い(笑)
ぶっちゃけ、されるがままに近い状態だ(^^;
2mほど巻いては5m以上引き出されを数回繰り返す。
どうかすると一気に10mくらい持っていきやがる。
いい加減にしやがれ!と思いつつフンガフンガとやりとりを続けているうちに、
気付けば、5mほど巻いては5mほど引き出されと少しはマシになっていた。
グイグイとひたすらにボトムへボトムへと向かう引き。
オオモンハタにしては違和感がある。何よりこの相手には重量感がある。
サメってオチだけはやめとおせ~。少し余裕が戻ってきていらんことも考える。
ラインが出される量よりも巻く量のほうが多くなった途端に随分と楽になる。
主導権は完全にこちら側へ移行した。これでもろたー♪
ひたすらひたすら上げてくると遂にうっすらと魚影が見えた。
ぬぬ!デカいじゃないか。さすがにオオモンハタではないようだ。
白っぽくて長さもある・・・この感じ、やはりサメが脳裏に浮かぶ。
サイズ的に厚かましくも青モンの可能性もよぎったが引きが違った。

浮いたのはまさかのスズ鬼。
なんとも鬼違いではござらんか。今回の獲物はイサ鬼であるのに。
結構なサイズながらRさんは見事な手腕でランディングしてくれた。
さんっきうーーー


帰宅後撮影。

スズキ

スズキ 80cm 4.5kg



よもやスズキとは正直なところ考えも及ばんかった。
20mの海底からスズキを揚げたことなんて初めてごとやし。
いやぁ、たまがったです。でもおもろかったです。

ともあれ、夏が旬のスズキさん。
もぅ少し食感があれば・・・と思う身質が個人的にスズキの少し残念な部分。
そこを差し引いても今回の個体は美味しかった。
サイズ的に大味かと思いきや・・・いやちょっと大味感はあるもさすがに旬。
丸々と太ったこの魅惑のボディは脂がのって美味でした。
加熱すれば万能食材だったりするのよね。スズキってば。




今回の釣行。
鯛ラバのときにアワセ切れやら、ジグのときにフック曲げられたりやら。
なんぞおるにはおったよーです。
特にジグんときは瞬殺やったとはいえ、ロッド起こせんかった。
よさげな魚ほど手中にできず。相変わらずです(-_-;)


次回の大潮狙い(予定)でリベンジなるか!
台風はこんならいいなぁ~
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

思い出し記

そやった。
5月も一応はゴムボ出して釣りに行ったとやったことば思い出した(^^;

古い・・・古い記憶を遡ろう。

確か・・・

あれは・・・黄金連休やった。

潮が動かない若潮やったハズ。
事実、いっちょん潮が動かんかったのを覚えてる。

そんなワケで魚さんも当然の如くローテンション。







釣りきれませんでした。


なんとか確保できたオカズフィッシュ。

マトダイ



顔が非常におっきくカラダとのバランスが悪い キンタロー。 マトダイですが美味。
刺身よりもムニエルやフライなど火を通したものが麿は好き。
大変美味しゅういただきました。



他、小型オオモン、小型アカハタ、アラカブ
さっぱりですわ~


[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。