想定外の日

週末釣行は台風で諦めやったとですが、見事にそれていった。
土曜日に海を見ると波立ってなかワケですよ。
風もいっちょん吹いてなかワケですよ。
どう見たっちゃ凪そのものにしか見えんワケですよ。

よし、明日は浮いてみよう(笑)

今日は浮く予定ではなかったが、急遽連絡を取ると想定外な誘いに乗ってくれたランディさんと日曜早朝に待ち合わせ。
薄明るくなった頃に海を眺めるがやはり波はない。
風は少々あるが悪さするほどのものではない。

いざ出艇。

快適な海面を余裕かまして走りだすゴムボ。
腹すかして待っとる魚どもの入れパクを期待して進む。

ところがぎっちょん!
湾を出たその瞬間から、ちっとばっかしウネっておらさる。
陸から見た限りまったくわからんかったぞ~

う~ん、想定外。

とはいえ、それなりの手間をかけ、それなりの期待を持って出てきた手前、このまま戻るのも癪なのだ。
行くも地獄、戻るも地獄。
同じ地獄ならそのまま行けぇ(^^;バカメ

ウネウネクネクネと波を越えて進んだ先で釣り開始。
これまで出艇したゴムボ釣行の中でもっとも悪いコンディション。
過去2回の釣行はベタ凪となかなかの凪やったですからね。
さて、どうなるか…

鯛ラバ(ソルティー・ラバー)を落とす。

落とす。

落とす。

落とす。

落とす。

落とす。が、当たらず。

う~ん、想定外。

時折、キンプグが小突いてくるアタリのみだ。
いつも食い気満載なオオモンハタからのコンタクトがあらさらん。
これは流石に悪コンディションによるものか?
はたまた前回の釣行から間もあるしハタがどっか行ってしもたかな?

長い沈黙を破ってランディさんの竿にヒット。
軽いと言いながら巻き上げている。
揚がってきたのは確かに小ハタ。優しくリリース。
それにしても、こう渋いと小ハタすら羨ましい。
心が荒んできたその時、着底直後に生体反応を捉えた!
おりゃさ!とアワセを叩きこむが手応えは軽め。
よかよかぁ。
それでも尺サイズくらいはありそうな感覚はある。
揚がってきたのは予想通りの尺サイズだ。
ん?魚種?
ここではオオモンハタしか釣れんのですよ(^^;タブン

そういえば、なんで釣れんのだろうとこれまで思っていた魚が釣れた。
ランディさんが揚げた初魚種はアラカブである。
これまで釣れなかったことが想定外なワケだが。

その後は尺サイズのハタを追加くらいで沈黙は続く。

その重っ苦しい沈黙を破ったのは魚以外であった。
こちらへ向かって一直線に迫ってくる船がいる。
まだかなり遠いんで方向転換するんやろ。と思ってたがそんな気配はまったくないぞ?
怒涛の勢いで真っ直ぐにこちらに突っ込んでくる。
確実に麿らが乗ったゴムボをロックオンしとるようだ。
もしや、シーシェ○ードがオオモンハタ愛護を始めたのか?
それとも海の平和は俺が守る!のシーモンキーか?
別にレスキューされるような事態には陥っとらんのだが…
まぁそこは海の保安を司る団体さま。
麿のような小物相手でもちゃんと安全確認にきてくださるようだ。
ゴムボのスグ近くで停止した保安局らしき艦…
流石にちょっと緊張するなぁ。
ところが拡声器から聞こえた声は、物腰柔らか丁寧な言葉。
今日はちっとウネリのあっけん沖には出らんごとしとってね♪
と言われたんでにこやかに返事すると、またいづこかへと贄を探しに走っていった。
まさかこんな僻地で出会うとは思わんかったですが。

う~ん、想定外。




さて、そんなことはどうでもよろし。
魚ぢゃ!魚ぢゃ!魚ぢゃ!魚ぢゃ!魚ぢゃ!

台風の影響と思しきウネリのため岸近いポイントしか流してない。
やっぱこのコトも不漁の要因か。
しかし沖にいくワケにゃいかんし、今日は納竿時間も早い。
まぁ今日は浮かべただけ儲けモンなワケやし。
とか前向きに考えよったら隣の人のロッドがごっつしなっとらす!
横で見てて面白いほどに引き込まれている。
こりゃナイスサイズ確定ばい。
元気いっぱいのナイスファイトで揚がってきたのは、50弱ほど。
コレだ!このサイズを釣りにきたんすよ。
再び麿のチンケな魂に火が灯る。
鯛ラバは引っ込めてインチクで大物狙い。

ゴゴッ!

ワンテンポ遅らせてアワセを叩き込む。
弓なりにしなるロッド。
ガンガン叩かれるロッドティップ。
先ほどのヤツと同サイズであると思わせる力強い引き方。
・・・・・隣で見てて面白いョ orz

引き続き、ランディさんが水揚げしたのはやはり同サイズ。

ランディさんの根魚たち

写真は全てランディさんの根魚たち。
写真とは別に尺サイズのハタが数尾おるだけっす。
麿も頑張ってはみたっですが良型ヒットには恵まれず。
まぁ釣れてはおっけんよかもんね。
この後は納竿までにキンプグとエソの姿を拝んだだけ。
予定の10時になったんでココで終了。

尺ハタを2匹という体たらくな貧果。
流石に哀れに思ったかランディさんから良型1匹お裾分け♪
ありたぁーすm(__)m


そろそろハタ以外を求めたいが出艇場所探しから始めんと(-_-;)
電動ポンプ必須なもんで車横付けな場所でないとボートが出せない。
バッテリーを買えば解消される問題なんですが、その予算もないのさぁ(^∇^;マジデ


さ、今から仕事の手を止めてググルマップ眺めるか(笑)


関連記事
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

コメント

厳しい中大物だしてますね。

おかっぱりじゃでないサイズです。

次回も大物やっつけてください。

山猫玉三郎 #- | URL 【2010/11/03 13:18】 edit

山猫玉三郎さん

長崎は至るところで良型オオモンハタだらけのようです。
釣る人はホント沢山釣ってるようです。
日曜日にボートだしたいんですが相棒不在&場所未定。
家庭の都合も未定なので次回大物の夢と希望は来年あたりまで持ち越すやもしれないです(^^;

ととまろ #PurKDAEs | URL 【2010/11/04 00:03】 edit

良型のオオモンちゃんの顔を拝めるだけまだヨカですよ。僕はこの前、ジグにアカイカ一匹ひっかかったのみですバイ(汗)

じげもん #- | URL 【2010/11/04 12:52】 edit

じげもんさん

ジグが届くほんの少し先で釣れるとですよ。
凪の日にでもいっぺん乗ってこんですか?
オオモンハタ狙いならボウズ率は低いかと思いますばい(^^;

ととまろ #PurKDAEs | URL 【2010/11/04 23:14】 edit

いいなぁ…。
ちょっと沖に出るだけでもだいぶ違うんでしょうね。
ハタのたぐいシーズン的にはいつごろまでなのでしょうかねぇ…。

ちなみに、ホウセキハタとか混じったりはしないので?

服部堂 #- | URL 【2010/11/05 21:36】 edit

服部堂さん

ホントちょっと沖ってだけで別物です。
遠い沖よりちょい沖のほうが魚は何かしら釣れると思いますよ(笑)
オオモンハタは晩夏~秋のイメージあるんですが事実はわかりません。
でもゴムボート釣行毎に釣果が落ちていってるのでシーズンオフに向かっていってる感はありますね。

ちなみに、ホウセキハタとはまだ出合ってなかですね。
実は意外と前から気にかけておるんですがオオモンちゃんばっかりです。
しかしオオモンハタが幅を利かせる前は漁師さんが狙ってホウセキハタを捕ってきてましたからね。
ゴマハタとして築地に送ってましたが結構な高級魚やったようで。
麿に釣れてくるのはいつの日やら(^^;

ととまろ #PurKDAEs | URL 【2010/11/06 00:25】 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://wagamamaangler.blog53.fc2.com/tb.php/101-930cfc50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム