脂肪遊戯

あれは七月

まだ蝉の鳴き声がけたたましい頃。



暑さにだるけて上半身裸でゴロゴロして本を読んでいた。
そこへやってきた娘がだらしない父ちゃんに一瞥をくれて行き過ぎようと・・・
五輪選手並の反射速度で娘が驚愕の二度見をしたのち、

『 パパ! ナニ! コレ! 』

『パパに 珍百景 発見したー』


ゲラゲラ笑う娘の視線の先に何気に手を当ててみた。


『 ん? コレ? ウソっ!? 』


わき腹 しかも背中よりに覚えのない感触がある。


肉質系スライム が付着してる orz


うわっマジかコレ。。。
脂肪やんか。
噂の中年太りっちゅーヤツに相違あるまい。

で、考えて辿り着いた結論は、少し漕いでみようか。

2馬力エンジンではなく、1馬力(マンパワー)で浮いてみる。





日曜日に早速実践。

早朝4時に起床。
雨があがるのを待って 6時過ぎに家を出る。



脂肪遊戯

遊んだ上で脂肪を燃やす。
これが今日のテーマだ。



で、漕いだ。 漕いだよ。 漕いだとも。
慣れぬパドルでえっちらおっちら。
漕いで釣りして、漕いで釣りして・・・

腕が休まるヒマがねぇ。



しかも潮止まりは魚の気配がまったくなかったのに
下げが効きだすと頻繁にエソが喰ってくる。
退屈せんかわりに腕に余計な負担がかかるわぃ。

数えるのを止めたエソの他につれたのは小物ばかり。

30cmが遠い仔鯛、同サイズのイトヒキアジとオオモンハタ。
取り込み時にバラしたネリゴやイトヒキアジも同サイズ。
ここではちんまいのしか見ることができなかった。

まぁよろしい。
今日は釣りではなくダイエットが目的だ。
あくまでダイエットのために浮いたのだ。
釣果は別に気にならない。うん、気にしてない・・・よ?


お昼前には岸上がり。
この炎天下で漕いで釣りすりゃ死ねるわな。

死亡遊戯

命かけて遊んじゃいけません。

はよ涼しくならんかなぁ。


120819.jpg


[edit]

PAGE TOP

色んなミス

だめだ・・・


釣れない・・・


ヤズの3kg級のチェイスは何度かあった。


ペンペンだって60~70cmのヤツとの遭遇は一度あった。


だが釣れん。


やること、いろいろ間違えた。裏目ってヤツ。


暑いわ、釣れんわで凹む~


でも


アカハタは嬉しかった。かなり。ちっこいけど。


そして美味しかった。


赤潮の残骸が痛かった。


いや、違う。


攻め方を間違えてた。


次の釣りは違う場所でやろう。





今回は小魚四目。


小魚四目


ネリゴは狙えば数釣れたと思う。

他はアカエソとアカササノハベラが釣れた。


丸ボウズじゃなかったからいいんだ。


[edit]

PAGE TOP

美味旬魚

6月9日(土)

三週間ぶりの釣りは、Rさんとゴムボで出動。
最近、巷で噂のちっこいハガツオ君でもおらんかな?
タタキ用に2~3本くらいならちょっと欲しい。

ところがどっこい、お留守。

しかしベイトはそれなりに入ってます。
群れの規模は様々ながらアチコチに点在しているようす。
捕食魚さんも付いとらすでしょ♪




甘かった。。。



激渋



釣り初めて5時間後。
クーラーの中はアラカブ(27~28cm)が一匹。
他は、20cm足らずのアラカブを釈放しただけのアラカブ構成。
Rさんは同型アラカブと尺upオオモンをキープ。
それから小型ハタやらを釈放したり。

詰まるところ、絶不調 orz


時折、居残り組のブリらしきボイルに翻弄されたり。
イイトコあらず。



何を狙えばいいのだろう…ボソっと麿がつぶやいた。
Rさんも苦笑いで同意してくれる(^^;


どがんかせんばならん。


にわかに評判のスロージギングっぽいことでもやるか。
昔からやっていることがそれっぽいことだったりするけども(笑)
ベイト(キビナゴ)の魚影も濃いことだしジグが有効かもしれん。

同型のアラカブを追加。
Rさんは40型ほどのハタを三連発 ヮ(゚д゚)ォ!

おぉ!ここへきて魚の活性が上がってきたか?

今日の麿はオオモンハタと縁がない。
実は根に走られリーダーを根ズレブレイクされているのだ。
恐らくハタで相違あるまい。
でもま、そのうち一匹くらいは釣れるやろうと甘くみてたー

お土産がアラカブだけじゃ切ないんでなんとか気持ちを保つ。
ひたすらにジグを操る。

中層で ゴンッ!

すかさずアワセる。
デクスターが結構しなる。
そして叩かれまくるロッドティップ。

真鯛?鯛きた?

意外と強い引きにオシアカルカッタのドラグを緩めるか悩む。
が、結論が出る前に魚が浮いてきた。

鯛?
鯛ばい!
いや、茶色か。
ハタぁ?
いや、鯛。
んにゃ違う。


で、ネットイン。



イサキ

イサキがでたー♪

楽に40cmはある v( ̄Д ̄)v イエーイ
そうやった。今の時期ならコイツがおる。

Rさんの目も輝く。
二人揃って美味そーの連発だ(笑)
で、Rさんから自分の分のイサキもよろしくと頼まれる( ゚Д゚)ゞツレタラアゲル
イサキモードでしつこく狙うことにした。

Rさんは直後にかかってきたひろさんからの電話に対応中。
その間に麿にイサキで間違いないと思われるバイトが2回。
三度目のバイトを何とかものにしてファイト開始!

ガンガン ガガン!

叩いてくる。叩いてくるぞ~
イサキイサキ~

慌ててひろさんの電話に終止符をうつRさん(爆)
大事に!大事に!とネットスタンバイ。
で、なんとかさっきと同型イサキを捕獲完了であります。
☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
麿はハタを釣ってないんでこのイサキはハタと物々交換(笑)
この調子ならまだイサキいけんじゃないの?ってことで流しなおし。
すぐにRさんにヒット。
しかしこれはオオモンハタ。
さっきのイサキの代わりに麿の手中へ落ちクーラーへ。
直後に落としたジグにボトムでヒット!
瞬間、ハタと分かる手応え。
一気にボトムから離した…ハズだったが強引に根へと走り張り付いた。
これを引っぺがして巻き上げるも再び走って根に張り付く。
さらにこれを引っぺがしてラインブレイクにビビリながら上げる。
リーダーは間違いなくザラザラになっているはずだ。
無理は禁物。
慎重に寄せてネットイン。



オオモンハタ

引きの強さからキジハタやらを期待したものの結局はオオモンハタでした。
それでもサイズは軽やかに50cmを超えてきた♪ナイスだ。

リーダーを組み直すも釣れたのは35cmほどのオオモンハタ(釈放)
結局、ハタラッシュはあったもののイサキは顔ださず。
風向きが変わってボートが流れるラインがズレたのか?
その後、周辺を数度流すものの再びイサキを捉えることはできなんだ。
残念無念。次回に期待。




本日の麿のキープフィッシュ(処理済)
麿家の命の種




イサキは大変に美味しゅうございました。
まさに旬魚に相応しき味覚に晩酌の時間が長引いてしまいました(笑)
次回も釣りたいもんですなぁ


[edit]

PAGE TOP

ブリキャスティング

今回はゆたかさん御所望によりゴムボ釣行にご招待。
ゆたかさんトコの娘さん生誕祝フィッシュが本日のテーマ。
時期的に釣果に期待はないが鯛ラバメインの釣行だ。
だって麿の釣り場には桜鯛なんていないのだもの。。。
でもここは、めで鯛狙いが基本かなて。

取敢えず、キャスティングとベイトタックルを積んで出艇。
沖の瀬周りで鯛ラバをマキマキ

マキマキ

マキマキ

マキマキ

ボチボチとアタリはあるがヒットまで至らない。
焦ってアワセるのがマズいのか?魚の活性が低いのか?
アラカブのみという悲しい釣果だ。
んー、まだ潮止まりやし慌てない。
下げが動けばハガツオくらいは釣れるっちゃ?と軽いノリ。

で、案の定ナブラ出現。
だが、ちょっと待て。
水柱がデカいぞ?
どうやらヤズっぽい感じ。
こりゃトップを投げんばならん。
シンキングペンシルを外しローデッドをセット。

ダイブ ぽこん ダイブ ぽこん

ダイブ  ばちゃこんっ

喰ぅた!?
アワセを入れるとドラグが滑る。
げ!弱すぎた。
当然のよーにバレてしまいました。

目からこぼれそうな涙を天を仰ぎ耐える。
ドラグを閉めキャスト継続。

ダイブ ぽこん ダイブ ぽこん

ダイどどどんっ! キタ━(゚∀゚)━!

アワセも今度はバッチリだ!
魚は頭を振る。やっぱヤズだ。前回のよりは大きそうだ。
と、そんな余裕も最初だけ。
ボートの近くに寄せてくると尋常ではない引きを見せ始めたΣ(・∀・;)
ラインがどんどん引き出されていく。

これ…5キロはいっとろ。

よいさこいさでなんとか浮かせてみると想定外のサイズ…!!(゚д゚屮)屮
ゆたかさんにネットインしてもらって捕獲完了。

えーーーーーっと、
麿のクーラー(スペーザ24L)にはどう足掻いても入りません(;´゚д゚`)エエー

これ、ヤズじゃなくて ブリ

ゆたかさんの大きなクーラーに一時お預けをお願い。
でも一匹専用スイートルームだ(^^;

そのアト、なんと麿に再びヒット!
どうした麿よ?最近なんだか調子が良すぎんか?怖いよ?
これまた苦労してボートの横まで寄せてきた。
さっきと同等サイズだ。
ゆたか家のお祝いフィッシュだからしっかりネットインさせてちょーよ。
んが、残念ながらルアーフックがネットに引っ掛かりブリさんサヨナラ…
ま、まだだ。
まだブリはそこかしこでバチャバチャやりよる。
ところが時折ルアーに襲い掛かってはくるのだがヒットに至らず。
それでも諦めずにナブラを見付けては近くへ寄ってキャストする。
そんなときボートのスグ近くで全開捕食モードが炸裂しはじめたのだ。
インチクを投げ込むゆたかさん。
トップを投げる麿。

ダイブ ぽこん ダイブ ぽこん

するとゆたかさんにヒットした!
おぉ!麿めは回収すっけんジックリ捕ろう。
早巻きで回収をはじめるとルアーの後ろから怒涛の追撃。
いやーやめてー喰うなぁーーー

はい、ダブルヒットの出来上がり(ノ∀`)アチャー
仕方ないんでラインクロスさせないように努力するしかない。
走らせて弱らせて巻き寄せてネットイン完了。
さっきより一回り小さいサイズだがハチマルはある。
で、次に待つのは大事なゆたか家のお魚。
ランディングミスは許させん。シャア並みのプレッシャーを感じるぜ。

でもね(゚A゚;)ゴクリ
その魚…ネットに入らんぞ?

止む無くケツからネットで抑えてオーシャングリップでランディング。
オーシャングリップのスケールを振り切るブリを無事ゲット!

周りではブリがお祭り騒ぎ。
ルアー投げればヒット率100%状態なのは確実。
だが、ゴムボはすでに満員御礼。
後ろ髪を引かれまくりながらも一旦上陸。

三本並べて撮影してみました。
いちばん上のがゆたかさんで下の2本が麿。
ブリのぼりができました(笑)

ブリキャスティング



2本めのブリはローデッドを丸呑みですた(^∇^;

ブリブリブリ


お腹からは20cmのサバが10本にキビナゴ沢山とかです。
どんだけ喰う気やろか?

ゆたかさんと麿のデカいのが 7.8kg
真ん中のが 5.7kg

ゴムボからでも捕れるモンなんだなぁ。。。
魚さえ入ってきてくれれば…


とうとう麿にもトップの面白さが理解できました(^^;
こりゃたまるか。

ヒラマサキャスティングは無理かのぅ。。。





【使用タックル】

ロッドはクロステージ キャスティング CRC-70L
十分余力ございました。



セルテート 3500HDカスタム いわゆる旧セルテート。
だってお金ないんだもん(笑)
現行型ホスィなー
送料無料 ダイワ’10 セルテート3000

送料無料 ダイワ’10 セルテート3000
価格:35,000円(税込、送料込)




ローデッドF140
これはイイ。
トップ未対応モデルの麿ですらも釣れた。(∀`*ゞ)テヘッ


[edit]

PAGE TOP

スズキ&ヤズ(イナダ?)

黄金週間は二回ほどボートを出す予定としてました。
昨日、その二回目の釣行やってきたとです。

永遠の相方Rさんと前回の美味しい思いをしたパワースポットへ。

ふっふっふ
スズキさんは超高確率で釣れることは分かっているんで気持ちが楽だ。

出艇後間もなく、予定通りにベイト発見。
スズキさんがついてるハズー

サスケ裂波を投入。
数投目にショートバイト。これでもろたも同然♪
キャストしなおすとヒット!


スズキ


50弱くらいの食べ頃スズキ。
今日は嫁御から珍しくスズキのご用命が出ている。
スズキは鉄分が多い魚だと入れ知恵したら貧血気味の嫁御が摂取する気になった。
少なくともコレでノルマはOKだ。

そのままベイト周りで裂波を撃っているとRさんにヒット!
やっぱベイトに群れが付いてんだなーとか思ったがスズキの引きと違うっぽい?
やけに走る走るー


Rヤズ


やっぱヤズかー

このヤズのファイト中にボトムからヒラメが浮いてきた。
ヤズが吐き出すカタクチをパクパクと喰って沈んでいきました(^∇^;
ヤズと同寸だったんで50cmはあったであろう。
そのうち狙っちゃるからねー

それにしてもいいなぁ、麿もヤズ欲しいす。
ウチの娘はヤズの大ファンなんで捕って帰らんと怒られる(^^;

で、麿にもヤズヒット♪


ヤズ


嫁御と娘のご依頼の品を入手したんでこっからはお気楽フィッシング。
麿がこよなく愛すシャローへボートを進める。

スグにヒット!

スズキの引きじゃないぞ。
あわよくばヒラメ?と期待をするもすぐにヤズだとわかる(-_-;)

こっから怒涛のヤズ祭り。
水深3mでもヤズ。困ったもんだ。
麿としてはスズキよりヤズのほうがいい。食味的にはね。
しかしヤズは十分キープしてるんでスズキも釣りたい。
ヤズどもめ邪魔すんなぃっ!
で、てっきりヤズだと思ってゴリ寄せしてみたら


スズキ


スズキが混じる(^^;
60cmほどのお持ち帰りナイズサイズ。
で、同型を追加。

Rさんがスズキを釣っていない。
デカいスズキがいいという。
んじゃ、前回の良型スズキスポットへ行きまっしょい。
そう、パワースポットの中のパワースポット。

麿はもうスズキ要らんので見学。
で、Rさんにスズキヒット!
そんなに大きくはなさそーだが60~70cmくらいはある。
が、残念ながらコレはバレ。。。
しかしこのバレこそがランカーとの出会いを生むのだ。
スグにヒットさせたスズキ。
ハタから見てもデカいと分かるやりとりが開始。
麿はネットを抱えて浮いてくるのを見守るのみだ。
Rさんが上手いことやりとりして見せてくれたスズキ・・・でかっ!
緊張のランディングだ・・・



ランカー


うお~ハチマルいったろコレ!!
クーラーに入りきらんのでドンゴロスにIN

スズキには満足したんでシャロー気味でヤズと遊ぶ。
ボイル見学しながらメシを食ったりする余裕っぷり。
信じられん(^^;
こんなコトは二度とできんかもしれんなぁとか思いつつ祭りを眺める。

風が強くなりだして波が出始めたんで素直に納竿。
時刻はまだ八時半だ・・・マジか(^^;




上陸後、Rさんのスズキを計測。

Rスズキ


82cmはあった。重さは4kgオーバー

これを見て、麿はデカいスズキは要らんと思いました(爆)
だって、イロイロ大変だもの(^^;
前回の麿のスズキでも80弱あったからね・・・
実家に嫁がせましたケド(笑)


今回、麿は食べ頃スズキをキープできまして

麿キープ分



麿;スズキ3本、ヤズ8本
Rさん;スズキ1本、ヤズ6本

以上がキープした本数です。
いわゆるクーラーのキャパ分ってとこです。

スズキはカルパッチョ、ヤズはヅケ丼で美味しかったです。
このサイズのヤズってイナダってゆーんですか?わからんケド。
ワカシやらハマチやらツバスやらって賑やっかハナシよね。ヤズでよかさー(笑)


このパワースポットはしばらく入れないポイントなんで堪能できてよかった。
次によか釣りできる可能性があるのは初夏までないよーな気がする。。。

今回はとても面白かったデス!

[edit]

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

登録サイト

FC2カウンター

トラックバック

メールフォーム

RSSリンクの表示

QRコード

ブロとも申請フォーム